フォト

Books

  • 久保 マサヒデ: 本物のビジネス英語力 (講談社+α新書)

    久保 マサヒデ: 本物のビジネス英語力 (講談社+α新書)
    海外で働きたい方、英語を使って仕事をしたい方に向けた、応援歌です。 いつかグローバルな舞台で仕事をしてみたいと思っている方、英語に自信がないからと夢を諦めていませんか?本書は、ロンドンで19年間ファイナンス業界で仕事をした筆者が、英語力よりも大事なコミュニケーション力、心の持ちようについて丁寧に解説しています。

  • 渋谷 奈津子: TOEIC(R)TEST 20日で攻める!  鉄板アイテム事典

    渋谷 奈津子: TOEIC(R)TEST 20日で攻める! 鉄板アイテム事典
    ジャパンタイムズの鉄板シリーズの新刊です。TOEICの世界に頻出する、ぜひ知っておくべきアイテムを、業種別にまとめた上で例文とともに紹介しています。テストの直前にざっと復習するのに最適な新書サイズです。

  • 渋谷 奈津子: TOEIC(R)TEST 鉄板シーン攻略 リスニング(Part 1~4)

    渋谷 奈津子: TOEIC(R)TEST 鉄板シーン攻略 リスニング(Part 1~4)
    TOEICテストに頻出する鉄板シーンを攻略するためのリスニング対策書。タウンゼント社の動きを追いながら、必須単語やフレーズに目と耳を慣らしていきましょう。 ジャパンタイムズのサイトより音声を無料ダウンロードできます。iPhoneアプリでダウンロードすることも可能です。 鉄板シリーズはほかに「文法・語彙」「読解」「ボキャブラリー」がそろっています。総合監修はヒロ前田氏。

  • 横川綾子・渋谷奈津子: TOEIC(R) テスト いきなり600点!

    横川綾子・渋谷奈津子: TOEIC(R) テスト いきなり600点!
    TOEICテスト600点以上を狙う学習者の方に、テストの概要、各パート攻略法、問題の解き方などを丁寧に解説しています。ベテラン英語講師横川綾子先生との共著。TOEIC界の”巨匠”ヒロ前田先生のプロデュースです。リーディングセクションの英文を読み上げた音声など、学習の助けになる特典素材がダウンロードできます。

  • ヒロ前田: CD3枚付 TOEICテスト究極の模試600問

    ヒロ前田: CD3枚付 TOEICテスト究極の模試600問
    本番形式の模擬試験を3セット収録。600問すべてに、公式問題集にはない「問題タイプ」がタグ付けされているので、自分の苦手な分野を把握できるようになっています。解説実況と豊富な特典音声はイチオシです。

  • 安達 洋、渋谷奈津子: スティーブ・ジョブズから学ぶ実践英語トレーニング

    安達 洋、渋谷奈津子: スティーブ・ジョブズから学ぶ実践英語トレーニング
    スティーブ・ジョブズが残した名言をモデルに、同じテンプレートを使って自分のメッセージを発信できるようトレーニングできる一冊です。短文編、長文編の2部構成。

無料ブログはココログ

TOEICテスト 試験車両

2017年1月28日 (土)

1390点獲得しました!

1390点とは、TOEIC L&Rテストの満点990点と、S&Wテストの満点400点を合計した点数です。
狙い始めた5年前より、L&Rで何とか990点に行っても、S&Wは380点より上がなかなか取れませんでした。

昨年12月のテストで、やっと、やっと、到達しました!
結果発表の画像がこれ。

Img_1102

明日はTOEIC L&Rテスト。次は満点を逃す可能性があるので、同時満点の画像が見られるのもあとわずかかもしれません。

2016年11月23日 (水)

手ごわかった公開テスト

11月20日に受験した第215回TOEIC公開テストは、新形式が導入された今年の5月以来、はじめて「手ごわい」と感じたテストでした。うまく言葉で説明できないのですが…よく対策書に載っている「解答テクニック」の類が使いにくいような「良問」がいつもより多く登場した印象です。
意図問題は、ターゲットフレーズ(意図を問われている本文のフレーズ)の意味がわからなくても、ストーリーの流れをつかんでおけば、解答可能だと思うのですが、知らない慣用句的な表現が使われて、気持ちを乱されました(笑)。選択肢も、誤答への誘導がお手本ものでした。パート4の図表問題は、場面を理解していないと解けない難問がありました。パート7では、見慣れない設問文があり、質問を理解するのにある程度の英語力が必要だと感じました。問題の複雑さも順不同で、後半にシンプルな問題が紛れていました。
とにかく、問題集慣れしていても英語の力がないと苦戦するような問題が多かった印象です。

テスト中、600点ターゲットの学習者のことをずっと考えていました。捨てる問題をきちんと見極めないと、本来取れるべきスコアを逃してしまうな、と。表面的な対策では、目標達成は難しいかもしれません(換算点が甘くなることも考えられますが、それはわかりません)。

解答テクニックも大事ですが、その前に、英文をきちんと理解できる力を上げることに集中すべきだという思いをさらに強くしました。

2016年9月10日 (土)

TOEICとピクトグラム

パラリンピックが開幕しましたね!スポーツには疎い私でも、いったん試合を見始めるとテレビから目が離せません(仕事がノロい言い訳ではありません)。私は小学校6年から高校1年までリオデジャネイロに住んでいたということもあり、会場の雰囲気や、漏れ聞こえる言葉や音など、何もかも懐かしいです。

開会式では、競技種目のピクトグラムを使ったアナログのアニメーションがありました。そのときのナレーションで、ピクトグラムがパラリンピックで公式に使用されるのは、今回のリオが初めてということを知りました。誰が見ても理解できるユニバーサルデザインを目指すピクトグラムだけど、文化の背景が違うと絵の見え方も違うだろうから、「誰が見ても」の共通項を見つけるのが難しいのでしょうね。

TOEICテストで問題に影響するピクトグラムは見たことがありません。イラストの解釈に個人差があるとすれば、英語力を正しく測れないからでしょう。(グラフィック問題は出てきますが、客観的な英語表現が解答の鍵となるはず。)

数年前スコットランドで乗ったScotRailの駅でもらったbrochureの中に、こんな表を見つけました。
Perform

列車が予定の5分以内に目的地に到着した件数のパーセンテージなどが記載された「列車の成績表」みたいなものです。目標値を達成すれば緑の三角、5パーセント以内なら黄色い丸、のように到達度が図形で示されています。

これがパート7問題に出るとしたら、図形の変わりにLevel 1とかLevel 2とか表示されるのかしら。

2016年7月27日 (水)

7月SWテスト結果

TOEIC テストのLRSW合計1390点を目指す!と先日書いたばかりですが、
7月10日に受験したSWテストの結果を見たら、さらに遠のいていました。

この日のパフォーマンスは、今までにないくらい悪かったと自覚していますが、
点数を見たら、想像していたほど減点されていませんでした。

たとえば、スピーキングではボケーっとして1問まるまる答え損なったり、
アワワワになって論理的でないフレーズを羅列したところがありました。
問題解決を提案するタスクでも、そもそもアイディアが思いつかず、
まるで解決策になってないことをしゃべったりして、支離滅裂でした。

ライティングでは、短めの作文でアレコレ書き直していたら、
時計を見るのを忘れて、書き終わらないうちに時間切れで強制終了。
その他は、いつも通りにできました。

来月の7日にまたテストを受けます。
目指せ、1390点!

Score1607

2016年7月24日 (日)

1390点を目指しています

今日は第212回のTOEIC公開テストです。
受験するみなさん、体調はいかがですか。?

2時間集中して一緒にがんばりましょう!

先日、6月に受験した公開テストの結果が発表になりました。
新形式第2回目は990点、その少し前に発表されたSWテストは380点だったので、
LRSW合計で1370点。

目標の1390点まであと20点!
この数年間は、ここでずっと足踏みしている状態。

IIBCの結果表示のページで、合計1390点を表示させることが、いまの目標です。

Toeic20160719

2016年6月29日 (水)

TOEIC SWテストの結果

6月12日に受けたTOEIC SWテストの結果が通知されました。

スピーキング180点、ライティング200点でした。
ライティングで200点をとったのは初めてのことで、びっくり。

確かに最後のエッセイは、いつもよりリラックスして
まとまりのある文章が書けた気がします。文字量は312ワード。

これまでは、テーマである自分の意見を、無理やり3つの柱で支えようとして、
結局まとまりきらずに鐘が鳴るbell(鳴らないけど)というぐあいでした。
今回は、テーマを支える柱を2つに絞りました。その代わりその柱を太くすることに意識を集中。世間の傾向、自分の身近な例などをいれて、説得力をもたせるように書きました。

スピーキングは、いつもより調子が出なかった感じです。
お題に対する考えが浮かばずに、アワワワ状態になったので、
仕方がない点数です。今までで最低点。

それにしても、400点への道は厳しい。
前回はスピーキング200点、ライティング180点。
前々回はスピーキング190点、ライティング190点。

そう、私は常にトータル380点の壁を越えられずにいるのです。
次回SWは、7月10日。横浜ワークショップの次の日です。


Sw

2016年5月31日 (火)

TOEIC新形式デビュー!

5月29日のTOEIC公開テストでいよいよ、新形式問題がデビューしましたbirthday

私は自宅近くの大学で受験しました。ワクワクが隠せず、問題冊子が配られた瞬間目を見開いたり、試験中にニヤニヤしたり、ニコニコしたり。もしかしたらヘンは人に思われたかもしれません。

新形式の変化としてグラフィック問題とかチャット問題が話題になることが多いですよね。私は、それらに加えて、知りたかったことがあります。

「パート2はひねり問題だらけになってしまうのか?」
パート2は、
「Where ...?」
「At the museum.」
のようにシンプルに質問に答えるやりとりがほぼ消えるのではないか、と心配していました。代わりに
「Where ...?」
「Mr. Bauer hasn't decided yet.」
みたいな、ひねり問題が大半を占めるのではないかと危惧していたのです。受けてみた結果…

…そんなことありませんでした。もちろん私個人の印象ですが。
シンプルなWH疑問詞問題は前半に集中していたし、ひねり問題がじわじわと後半にかけて増えていく傾向も同じ。

気になったのは、若干スピードが速く感じられたことと、いかにも会話の途中だよ、というような問いかけがあったこと。具体的には再現しませんが、たとえるならば、会話中の2人がガチャっとドアを開けて入ってきたときに聞こえる1問1答。
、待ってよ。それってつまり午後は私1人で工場アテンドってこと?」
「大丈夫、上司にお願いするから」
会話の前後はわからないけど、問いかけを聞いて応答を選ぶのは、不可能ではありません。そして、「問いかけの内容を、正解がくるまで覚えておく」というパート2の基本が大事なのは変わりありません。

2016年2月25日 (木)

慣れって怖い(マークミス)

新形式の公式問題集を解いているときに、マークミスをしました。

現行形式で、パート2が始まるのは11番から。マークシートでは左から2列目の一番上からですね。5月からはじめる新形式では、パート1の問題数が減る影響で、パート2は7番から始まります。マークシートでは、1列目の後半の位置から。

このポジションに慣れてしまった私は、パート2の1問めである7番の解答を、解答欄の11番に記録してしまったのです。そのまま6問めくらいまで進み…左の列の後半がブランクなのが目に入って初めて、マークミスに気づきました。

ひゃっ…と焦っている間も、問題の音声は流れ続けます。問題と問題の間は5秒間。急いで本来の解答欄に解答を転記し、誤ってマークしたところを消して、落ち着きました。

練習のときでよかったです。もう本番のテストでは、こういうミスはしないでしょう。

Img_8411


2016年1月31日 (日)

第207回TOEIC公開テストを受けた

Toeic_day

2016年になって初めての公開テストでした。受けたみなさま、お疲れ様でした。
今日のナレーターが聞き取りにくかったとか、パート7が難しめだったとか、受検した感想を期待してこのブログに来た方、ごめんなさい。私が感じる難易度はどうも毎回ズレているようなので、何の参考にもならないから書きません。

今日は初めて音声トラブルというのに遭遇しました。
始めは少し聞き辛いかな、という程度だったので、聞き逃すまいとして余計な神経を使ってしまい、きちんと聞こえているはずの音さえ拾えなくなって焦ってしまいました。

その後はっきり音が乱れてくれたので、終了後に対処するのが予測でき、影響を受けたパート2の問題番号に小さく印をつけて、そのままパート3へ。

ところが、解きなおしするのかな、バウチャーもらえるのかな(もらえませんでしたが)、なんてワクワクしていたら、パート3の選択肢の先読みに集中できず。いけませんね。

結局、試験官さんがしっかり対処してくださり、リーディング終了後に割とスムーズに解きなおししました。

聞こえないまま解いた問題のうち、正解しているのが多くておもしろかったです。

例えばこんなイメージ。

Why was ..ゴニョゴニョ...
(A) Yes, →×
(B) 聞こえないけど主語+動詞 →保留
(C) After ゴニョゴニョ(短い句に聞こえる)→×

消去法で(B)にマーク

すべて聞こえる状態で解き直したら、合っていました。

ということは、パート2ですべてを聞き取れなくても正解できる!かな…

それはわかりませんが、
テスト中に音が乱れたら、慌てずにマークシートの番号のところに小さい印をつけておき、平常心を保って最後まで解き切ればいい、ということがわかりました。

もし、何も言われずに解散しそうになったら、手を挙げて、再度再生してもらうように言おうと思いました。勇気が要るかもしれませんが、他の人たちも、きっと同じように再受検を希望していただろうと思います。

2016年1月13日 (水)

新形式TOEICテストの公式問題集

SNSで盛り上がっていたので、1日遅れて取り上げるのもなんですが…
5月より始まる、新形式TOEICテスト(リスニング/リーディング)の公式問題集が、2月18日に発売されるとオフィシャルに発表されました。

IIBCウェブサイトに、詳細情報が載っています。

ウェブページの下の方にはIPテストの導入時期についても書いてあります。
IPテストでの新形式は「2017年4月導入を予定」とのこと。

このブログでも、新形式予想問題(鉄道版だけど)を作って遊びましたが、公式本ではどのような問題が収録されているのでしょうか。楽しみです。

Vol. 6のようにリーディングセクションの音声も別売りでダウンロードできるようになるのかも興味あります。