フォト

Books

無料ブログはココログ

英語表現

2015年4月18日 (土)

英文の駅名

仕事で松山に行きました。市内には松山城をぐるりと囲む形で、伊予鉄道の路面電車が走っています。

床が板張りになった電車は靴の音の響きが懐かしいです。

Photo

外観も美しい。背景の城内公園の緑やお堀、そして街並みとよくマッチしています。

Iyo1

先週は桜がまだ残っていてお天気も良かったし、いやー、よい休日、じゃない、よい出張となりました。

移動にはお得な2 day乗車パスを使いました。パスの片面は路線図になっています。駅名は日英2ヶ国語表示。さすが、観光に力を入れている都市ですね。

Iyo

いくつかの駅名が英訳されています。

市役所前 Matsuyama City Hall
県庁前 Ehime Prefecture Office
赤十字病院前 Red Cross Hospital

日本語の駅名と音が離れていますが、これが混乱の原因になることはないのでしょうか?でも、だからと言ってすべてローマ字で書いてあっても長すぎますよね。うーん。

ところで、東京メトロの国会議事堂前駅はKokkai gijidomaeとローマ字表記ですね。昔は英訳表記だった、と聞いたことがあります。駅名ではありませんが「国会正門前」などの交差点の標識は、最近になってThe National Diet Main Gateと英訳表示に変わっています。

2014年12月 2日 (火)

単語の使われ方を知る

11月30日(日)に、「玉砕しやがれ」という副題のついたセミナーがありました。『TOEICテスト究極のゼミPART5 語彙・語法【超上級編】』の出版を記念したイベントです。本に収録されている問題(一部改変)を解いたあと、著者のヒロ前田さんとロス・タロックさんが解説をするという、豪華な内容でした。

イベントの参加条件が、TOEIC保有スコア850点以上、またはリーディングセクション400点以上。私はスタッフとして参加だったので最後列にいたのですが、演習問題にラクラク取り組めた方はいらっしゃらないようでした。(私はそのまえにすでに玉砕済みです。)

おそらく全員の方が問題文の意味を瞬時に理解できるくらいの英語力をお持ちだったと思います。ところが、Aという単語をその文に使うのは正しいのか、類義語Bはそのままの形で代用できるのか、など「単語の使われ方」を問われると、判断に迷ってしまったり、間違えてしまったりした方が多かったように見受けられました。

そのあたりの知識の隙間地帯は、Part 7の読解問題ではあまり影響ないかもしれません。英文の意味を取ることができれば正解できるからです。Part 7の同義語を選ぶ問題や、Part 5やPart 6の語彙補充問題では、曖昧に記憶していたことが災いして、失点をしてしまうでしょう。

他人事のように書いてしまいましたが、語法はまさに私の最大の弱点。ここをしっかり勉強することで、TOEIC対策だけでなく、書いたり話したりするときの英語が、もっと丁寧になるのではないかと期待しています。

ご興味のあるかたはぜひどうぞ。
TOEICテスト究極のゼミ Part5  語彙・語法【超上級編】

Gyokusai

2014年4月 7日 (月)

三陸鉄道全線再開

週末は嬉しいニュースがありました。3年前の震災の影響で一部が運休していた三陸鉄道が全線再開しましたね。4月5日(土)は南リアス線、6日(日)は北リアス線が運転再開。英語ニュースでもresume services(運行再開する)、full recovery(全面復旧)、reopening ceremony(再開式典)などの言葉が並びました。いくつかのヘッドラインとリンクを貼ります。

Tsunami-hit Sanriku line fully operational
津波で被災した三陸鉄道が全線運転に (Japan Times, 4月5日)

Tsunami-hit Sanriku Railway resumes service
津波で被災した三陸鉄道が運行を再開 (NHK World, 4月5日)

Tsunami-ravaged Iwate railway line resumes full operation
津波で被災した岩手の鉄道が全面再開 (Mainichi, 4月5日)

Last remaining tsunami-hit line of Sanriku Railway resumes services
津波で被災した三陸鉄道の残り区間が再開 (Nikkei Asian Review, 4月6日)

Nikkeiの記事によるとThe company has incurred a pretax loss for 20 years in a row(経常損益は20年連続の赤字)とのこと。私もドラマ「あまちゃん」でこの鉄道のことを知った初心者ですが、一時の盛り上がりで終わってほしくないと願っています。夏までに休暇をとって、海沿いの景色を楽しんでこよう。

Sanrikuticket

2013年12月31日 (火)

complimentaryなteas

気付けば大晦日。
ここにきてバタバタと書き溜めたブログを一気に放出しておりますcoldsweats02

ブログタイトルに「鉄道ファンのための」とついているにもかかわらず
最近は鉄道と関係ないネタが続いてしまいました。

ということで、初心に戻り
欧州プチ鉄道旅行でもらったflyer(チラシ)から
気になる表現をご紹介します。

スコットランドのフォート・ウィリアムからさらに北西にのぼるウェスト・コースト鉄道の
蒸気機関車ジャコバイト号ファーストクラス車内サービスの案内です。

...Complimentary teas and coffees are served during the journey.

Complimentaryなteasとcoffees。
この「Complimentary」はTOEICでおなじみの単語ですが、
もし知らなくても、意味を想像してみてください。

どんなteasとcoffeesなのでしょう。
美味しい?他では手に入らない?数量限定?
なんか「お得な」イメージが湧きませんか?

Complimentaryとは、free、つまり「無料の」という意味です。
やはり、ポジティブな意味の単語でしたね。

「ジャコバイトにご乗車の間は、無料のお茶とコーヒーが給仕されます。」
さすが、ファーストクラス!

この単語はほかにも、complimentary drink(無料のドリンク)、complimentary service(無料のサービス)などのように使われます。

この機関車は映画「ハリーポッター」に登場したGlenfinnan橋の上を走ります。
橋にさしかかる地点で線路がカーブしているため、後方に乗車して撮影すると
自分の列車と橋とむこうに見える山がセットでフレームに収まるのです。
プチ旅行を企画してくださったH社担当者の方のイチオシ絶景ポイントでした。
な、なのに私、行きも帰りも列車の中で爆睡しており、気が付かず。
あまりの爆睡ぶりに検察係の方も「寝かせてあげよう」とスルーしてくださったとか。

では、そんな素敵なジャコバイト号の写真をどうぞ
Photo_5

Photo_6
Photos: Tetsuo

2013年9月10日 (火)

電車英語「降りる」

イギリスのグラスゴーからフォート・ウィリアムまで
ScotRailで移動していたとき、車両の入り口の表示板には
次の停車駅とともに、ある英文が表示されていました。

Mind the gap when alighting from the train.

mindは「気にする」という動詞。この分は命令形で始まります。
「気にしなさい」
何を?
gapを。隙間を。
いつ?
trainからalightするとき。

車内のお知らせだから、alightは「降りる」という意味ですね。

「電車とホームの間が広く開いているところがございます。
ご注意ください。」

…の英語表現ですね。

alightという表現が(私にとっては)新鮮でした。
「降車する」という意味ではget off the train, leave the trainなどしか
使っていなかったと思います。