フォト

Books

無料ブログはココログ

« 北陸新幹線に乗って | トップページ | 連休にTOEIC600点対策講座開催 初めての方でもどうぞ! »

2017年4月15日 (土)

TOEFL ITPテストでTOEIC Part 2/3の高地トレーニング

TOEIC Part 2とPart 3の会話問題に強くなるには、TOEFL ITPリスニング対策書が高地トレーニングとして使えるかもしれません。

「ITP」テストです。一般受験の iBTテストではありません。名前が似ていて紛らわしいですが、テストの内容は違います。

ITPテストは団体受験のみ。昔のTOEFL PBT(ペーパーベースドのテスト)を使用しています。現在は大学などで、留学生選考や進級の判断のために利用されることが多いようです。

ITPテスト対策書のリスニング問題を解いてみました。
Part Aというセクションでは、短い会話(TOEIC Part 2とPart 3の中間あたり)を聞いて、設問に答えます。問題冊子に選択肢だけ印刷されています。はい。選択肢だけ。つまり、設問が印刷されていません。選択肢を先読みしておき、読み上げられた設問を瞬時に理解して解答します。それが30問続きます。

サンプル問題はこちら
http://www.ets.org/toefl_itp/content/sample_questions/level1_section1_listening_comprehension

この設問にある
What does the woman imply?
What does the man mean?

これらは、TOEIC新形式で導入された「意図問題」に似ていますよね。
そうです。設問の文言は少し違うけれど、設問の"意図"はまさに意図問題そのものです。ほかの問題も、発言内容から推測して解答するものが多く、このセクションでは会話の聞き取り力だけでなく、文脈を理解する力を測られていることがわかります。

この問題が30問、Part 2のザッピング形式で矢継ぎ早に質問されます。しかも、設問は印刷されていません

かなりの高地トレーニングだと思いませんか?

 意図問題に出てくる英語的な表現が苦手、
 選択肢の先読みなどもってのほか、
 Part 2のザッピング出題についていけない、
 ほのめかし表現に心が折れそう

という方、TOEFL ITP(iBTではありません)の対策書を書店でチラっとチェックしてはいかがでしょうか。

…私は「設問が印刷されていない」時点で、早くも心が折れました。

Img_2115

南武線。本文とは関係ありません。

« 北陸新幹線に乗って | トップページ | 連休にTOEIC600点対策講座開催 初めての方でもどうぞ! »

2番線【Part 2】」カテゴリの記事