フォト

Books

  • 久保 マサヒデ: 本物のビジネス英語力 (講談社+α新書)

    久保 マサヒデ: 本物のビジネス英語力 (講談社+α新書)
    海外で働きたい方、英語を使って仕事をしたい方に向けた、応援歌です。 いつかグローバルな舞台で仕事をしてみたいと思っている方、英語に自信がないからと夢を諦めていませんか?本書は、ロンドンで19年間ファイナンス業界で仕事をした筆者が、英語力よりも大事なコミュニケーション力、心の持ちようについて丁寧に解説しています。

  • 渋谷 奈津子: TOEIC(R)TEST 20日で攻める!  鉄板アイテム事典

    渋谷 奈津子: TOEIC(R)TEST 20日で攻める! 鉄板アイテム事典
    ジャパンタイムズの鉄板シリーズの新刊です。TOEICの世界に頻出する、ぜひ知っておくべきアイテムを、業種別にまとめた上で例文とともに紹介しています。テストの直前にざっと復習するのに最適な新書サイズです。

  • 渋谷 奈津子: TOEIC(R)TEST 鉄板シーン攻略 リスニング(Part 1~4)

    渋谷 奈津子: TOEIC(R)TEST 鉄板シーン攻略 リスニング(Part 1~4)
    TOEICテストに頻出する鉄板シーンを攻略するためのリスニング対策書。タウンゼント社の動きを追いながら、必須単語やフレーズに目と耳を慣らしていきましょう。 ジャパンタイムズのサイトより音声を無料ダウンロードできます。iPhoneアプリでダウンロードすることも可能です。 鉄板シリーズはほかに「文法・語彙」「読解」「ボキャブラリー」がそろっています。総合監修はヒロ前田氏。

  • 横川綾子・渋谷奈津子: TOEIC(R) テスト いきなり600点!

    横川綾子・渋谷奈津子: TOEIC(R) テスト いきなり600点!
    TOEICテスト600点以上を狙う学習者の方に、テストの概要、各パート攻略法、問題の解き方などを丁寧に解説しています。ベテラン英語講師横川綾子先生との共著。TOEIC界の”巨匠”ヒロ前田先生のプロデュースです。リーディングセクションの英文を読み上げた音声など、学習の助けになる特典素材がダウンロードできます。

  • ヒロ前田: CD3枚付 TOEICテスト究極の模試600問

    ヒロ前田: CD3枚付 TOEICテスト究極の模試600問
    本番形式の模擬試験を3セット収録。600問すべてに、公式問題集にはない「問題タイプ」がタグ付けされているので、自分の苦手な分野を把握できるようになっています。解説実況と豊富な特典音声はイチオシです。

  • 安達 洋、渋谷奈津子: スティーブ・ジョブズから学ぶ実践英語トレーニング

    安達 洋、渋谷奈津子: スティーブ・ジョブズから学ぶ実践英語トレーニング
    スティーブ・ジョブズが残した名言をモデルに、同じテンプレートを使って自分のメッセージを発信できるようトレーニングできる一冊です。短文編、長文編の2部構成。

無料ブログはココログ

« 1390点獲得しました! | トップページ | パート3集中ワークショップ(3/4東京) »

2017年2月14日 (火)

難化するパート2対策は…

(3月4日に開催するPart 3集中ワークショップのご案内が最後にあります)

「TOEIC新形式問題で、難化してきたパート2の対策をしたい…」

1月のイベントに参加された方から複数寄せられた声です。
パート2は、問いかけに対する適切な応答文を答える問題。

1問1答のやりとりが、直球でなくひねりのある応答を含む場合、正答を選びにくいと感じる人が多いようです。

「採用面接は何時からですか?」
――今日の午後2時です。

これは直球の返し。何時?と「時」を尋ねられて「時」を答えるから、正答の判断がつきやすい。

「採用面接は何時からですか?」
――実は、取り止めになりました。

これは少しひねりがある返し。「時」を尋ねられているけど、面接そのものが取り止めになったのだから、「時」の情報を与えることができない。

「採用面接は何時からですか?」
――バウアーさんがスケジュールを組み立てています。

これも少しひねりがありますね。応答者は質問への答えを知りません。「知りません」とだけ答えることも可能ですが、ここでは関連情報を相手に伝えることにより、質問者は次に同じ質問をバウアーさんに聞きにいくことができるでしょう。

「採用面接は何時からですか?」
――もうすでに新しいスタッフを選んだと聞いてます。

これは、どうでしょう。「採用面接」=「新しいスタッフを雇う」ということが、音声を(英語で)聞いただけで即座に結びつけば、それほど難しくは感じないかもしれません。すでにここで何度も「採用面接」と繰り返していますから、みなさんの頭の中に採用面接の状況が浮かんでいるかもしれませんね。

でも考えてみてください。実際のテストのパート2では、25の異なる場面が何の脈絡もなく次から次へと音声だけで流れてきます。採用面接のやりとりを聞いた後は、ホテルの受付で苦情。その次は、印刷会社に注文。むちゃくちゃです。テレビのチャンネルをザッピングして、異なるドラマの一場面を次々に見続けているようなものです。

必要なのは、問いかけを聞いて場面をすばやくセッティングし、応答の選択肢が流れてきたら、その場面で起こりうる展開であるものか、即座に判断すること。この力を伸ばすのに、どのようなパート2ワークショップができるだろうか。

いろいろ考えましたが、今はパート2を使った対策講座はしないことにしました。
いえ、諦めたのではありません。
もっと良い方法があると思いいたったのです。

パート2は、パート3の会話から一部分を切り取ったようなものですよね。コンテンツも使用語彙も共通しています。めまぐるしく変わる場面の中で、背景のストーリーが想像できれば、ひねりのある応答であっても、ストーリーの展開に適した発言だと気付くことができるはずです。

ならば鍛えるべきは、ストーリーのある、ひとまとまりの会話に数多くなじんで、複数パターンの展開についていける柔軟性。それを正しく意味取りするためのリスニングスキル。

…ということは、パート3の練習が、パート2の対策につながる
そう確信したのです。

これまで何度か開催してきたパート3の集中ワークショップを、予定を早めて3月に開催することにしました。

train   train   train

パート3の集中ワークショップを3月4日(土)午後に東京・池袋で開催します。
いつものように、10名さま限定です。昨晩ツイッターで告知をし、すでに2名の方にお申し込みいただきましたので、残席は2月14日11時現在で、8名さまです。
2月16日3時現在、残席6名さまです。

問題を解くことはしません。パート3の会話を1つだけ取り上げ、ナレーターと同じスピード、同じリズムで言えるように練習します。背景とストーリーのある会話を、自らが発信しているかのようにスムーズに言えることを目指して練習しながら、英語のリズムを体に染み込ませていきます。そうなると聞き取りの力もぐんと上がることが期待されます。3時間のご受講後、ご自分の好きな素材(TOEICでも海外ドラマでも)で練習できるようになるのがこのワークショップのゴールです。

開催についてのご案内とお申し込みはこちらよりどうぞ。一緒に練習しましょう。
http://www.office-part2.com/seminar/zemi3_201703.html

Eiden

« 1390点獲得しました! | トップページ | パート3集中ワークショップ(3/4東京) »

イベント・セミナー列車」カテゴリの記事