フォト

Books

  • 久保 マサヒデ: 本物のビジネス英語力 (講談社+α新書)

    久保 マサヒデ: 本物のビジネス英語力 (講談社+α新書)
    海外で働きたい方、英語を使って仕事をしたい方に向けた、応援歌です。 いつかグローバルな舞台で仕事をしてみたいと思っている方、英語に自信がないからと夢を諦めていませんか?本書は、ロンドンで19年間ファイナンス業界で仕事をした筆者が、英語力よりも大事なコミュニケーション力、心の持ちようについて丁寧に解説しています。

  • 渋谷 奈津子: TOEIC(R)TEST 20日で攻める!  鉄板アイテム事典

    渋谷 奈津子: TOEIC(R)TEST 20日で攻める! 鉄板アイテム事典
    ジャパンタイムズの鉄板シリーズの新刊です。TOEICの世界に頻出する、ぜひ知っておくべきアイテムを、業種別にまとめた上で例文とともに紹介しています。テストの直前にざっと復習するのに最適な新書サイズです。

  • 渋谷 奈津子: TOEIC(R)TEST 鉄板シーン攻略 リスニング(Part 1~4)

    渋谷 奈津子: TOEIC(R)TEST 鉄板シーン攻略 リスニング(Part 1~4)
    TOEICテストに頻出する鉄板シーンを攻略するためのリスニング対策書。タウンゼント社の動きを追いながら、必須単語やフレーズに目と耳を慣らしていきましょう。 ジャパンタイムズのサイトより音声を無料ダウンロードできます。iPhoneアプリでダウンロードすることも可能です。 鉄板シリーズはほかに「文法・語彙」「読解」「ボキャブラリー」がそろっています。総合監修はヒロ前田氏。

  • 横川綾子・渋谷奈津子: TOEIC(R) テスト いきなり600点!

    横川綾子・渋谷奈津子: TOEIC(R) テスト いきなり600点!
    TOEICテスト600点以上を狙う学習者の方に、テストの概要、各パート攻略法、問題の解き方などを丁寧に解説しています。ベテラン英語講師横川綾子先生との共著。TOEIC界の”巨匠”ヒロ前田先生のプロデュースです。リーディングセクションの英文を読み上げた音声など、学習の助けになる特典素材がダウンロードできます。

  • ヒロ前田: CD3枚付 TOEICテスト究極の模試600問

    ヒロ前田: CD3枚付 TOEICテスト究極の模試600問
    本番形式の模擬試験を3セット収録。600問すべてに、公式問題集にはない「問題タイプ」がタグ付けされているので、自分の苦手な分野を把握できるようになっています。解説実況と豊富な特典音声はイチオシです。

  • 安達 洋、渋谷奈津子: スティーブ・ジョブズから学ぶ実践英語トレーニング

    安達 洋、渋谷奈津子: スティーブ・ジョブズから学ぶ実践英語トレーニング
    スティーブ・ジョブズが残した名言をモデルに、同じテンプレートを使って自分のメッセージを発信できるようトレーニングできる一冊です。短文編、長文編の2部構成。

無料ブログはココログ

« ジェフ・リンズィ先生の発音セミナーに参加しました | トップページ | 満席になりました パート3集中ワークショップ »

2017年1月 7日 (土)

600点突破塾が終了しました

新しい年が明けました。もう1週間ほど経ちましたね。
元旦から寝込んでしまい、ようやく体調が戻りまして、
久しぶりにジョギングをしてきました。

今年は、これまでのTOEIC対策セミナーや音読ワークショップに加え、TOEIC SW対策のワークショップも開催できたらと考えています。
新しい挑戦も予定しており、私にとってはワクワクの1年の始まりです。

年末は、TOEIC600点を目指す方を対象にした600点突破塾を、3日間使って東京で開催しました。
テキストは公式問題集新形式対応編、サブテキストとして拙著「いきなり600点」を使用しました。600点を取るために必要な問題の攻略法を、演習問題を解きながら練習しました。
何よりも意識したのは、普段どのようにテキストの問題を使った自習をするかということ。どのパートでも、自分でできる練習方法を実際に体験していただきました。

29日は、文法のパート5中心。

まずは、600点を取るために押さえていなければならないタイプの問題をじっくり練習しました。目のつけどころを意識したドリルなども取り入れました。時短テクニックの話は、英語というよりテスト対策に近いのですが、パート5での解答時間を縮めることが、全体のスコアアップに役立ちます。

30日は、リスニングのパート3中心。
パート2の攻略法を意識した解きかたを実践し、効果的な復習方法を練習した後、ボリュームの多いパート3をじっくり扱いました。
パート3とパート4は設問があらかじめ印刷されています。設問のタイプ別に、どのようにヒントを待ち受けるのか攻略法を実践しながら問題を解きました。参加者の皆さんにはテキストCDを録音して持参いただいたので、それを使いながらリスニング力をアップする復習方法を、時間をかけて体験しました。

31日は、長文読解パート7中心。
ホワイトボードに英文を投射し、長い文をどこで区切ってどのように意味を読み取るのか、マーカーで情報を整理しながら一緒に読み進めました。このパートでは、短めのお知らせや、長いレターなどさまざまな文書が出題されます。本文の特徴や設問のタイプによって、どのように解き進めていくのか手順(の一例)を紹介しました。

年末のあわただしいなか、時間を作ってご参加いただいた皆様の真剣なまなざしに、こちらも力が入りました。

最終日の終了後、新幹線に乗って実家に向かいました。駅に着いたときには、年が明ける少し前という時刻。大晦日は一晩中列車が動いているので、このまま朝まで在来線に乗ろうかと思ったのですが、大きなスーツケースを持ち歩いていたので、大変になりそうで諦めました。いつか、列車内で年越しをしようと思います。

« ジェフ・リンズィ先生の発音セミナーに参加しました | トップページ | 満席になりました パート3集中ワークショップ »

イベント・セミナー列車」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« ジェフ・リンズィ先生の発音セミナーに参加しました | トップページ | 満席になりました パート3集中ワークショップ »