フォト

Books

  • 久保 マサヒデ: 本物のビジネス英語力 (講談社+α新書)

    久保 マサヒデ: 本物のビジネス英語力 (講談社+α新書)
    海外で働きたい方、英語を使って仕事をしたい方に向けた、応援歌です。 いつかグローバルな舞台で仕事をしてみたいと思っている方、英語に自信がないからと夢を諦めていませんか?本書は、ロンドンで19年間ファイナンス業界で仕事をした筆者が、英語力よりも大事なコミュニケーション力、心の持ちようについて丁寧に解説しています。

  • 渋谷 奈津子: TOEIC(R)TEST 20日で攻める!  鉄板アイテム事典

    渋谷 奈津子: TOEIC(R)TEST 20日で攻める! 鉄板アイテム事典
    ジャパンタイムズの鉄板シリーズの新刊です。TOEICの世界に頻出する、ぜひ知っておくべきアイテムを、業種別にまとめた上で例文とともに紹介しています。テストの直前にざっと復習するのに最適な新書サイズです。

  • 渋谷 奈津子: TOEIC(R)TEST 鉄板シーン攻略 リスニング(Part 1~4)

    渋谷 奈津子: TOEIC(R)TEST 鉄板シーン攻略 リスニング(Part 1~4)
    TOEICテストに頻出する鉄板シーンを攻略するためのリスニング対策書。タウンゼント社の動きを追いながら、必須単語やフレーズに目と耳を慣らしていきましょう。 ジャパンタイムズのサイトより音声を無料ダウンロードできます。iPhoneアプリでダウンロードすることも可能です。 鉄板シリーズはほかに「文法・語彙」「読解」「ボキャブラリー」がそろっています。総合監修はヒロ前田氏。

  • 横川綾子・渋谷奈津子: TOEIC(R) テスト いきなり600点!

    横川綾子・渋谷奈津子: TOEIC(R) テスト いきなり600点!
    TOEICテスト600点以上を狙う学習者の方に、テストの概要、各パート攻略法、問題の解き方などを丁寧に解説しています。ベテラン英語講師横川綾子先生との共著。TOEIC界の”巨匠”ヒロ前田先生のプロデュースです。リーディングセクションの英文を読み上げた音声など、学習の助けになる特典素材がダウンロードできます。

  • ヒロ前田: CD3枚付 TOEICテスト究極の模試600問

    ヒロ前田: CD3枚付 TOEICテスト究極の模試600問
    本番形式の模擬試験を3セット収録。600問すべてに、公式問題集にはない「問題タイプ」がタグ付けされているので、自分の苦手な分野を把握できるようになっています。解説実況と豊富な特典音声はイチオシです。

  • 安達 洋、渋谷奈津子: スティーブ・ジョブズから学ぶ実践英語トレーニング

    安達 洋、渋谷奈津子: スティーブ・ジョブズから学ぶ実践英語トレーニング
    スティーブ・ジョブズが残した名言をモデルに、同じテンプレートを使って自分のメッセージを発信できるようトレーニングできる一冊です。短文編、長文編の2部構成。

無料ブログはココログ

« パート4問題にチャレンジ! 新幹線アンケート | トップページ | 600点突破塾が終了しました »

2016年12月12日 (月)

ジェフ・リンズィ先生の発音セミナーに参加しました

12月3日に、Q-Leap主催の発音セミナーに参加しました。講師は、ロンドン大学の発音コーチであり、脚本家であり、犯罪捜査の発音分析家でもあるGeoff Lindsey先生。俳優に発音指導もしている、音声学のプロ中のプロの先生です。
参加者は10名限定。これは、参加者の発話からその人の発音の癖を観察し、丁寧にフィードバックするから。6時間みっちりと、伝わりやすい発音について講義を受け、実際声を出し、鏡で口の形を確認しながら、自分の出す音と先生の音を近づけていきました。

このセミナーでわかったこと。
 緊張すると、喉が硬くなって話しづらいのですね!

何を当たり前のことを…と思うでしょうが、普段一人で音読練習をするときはスラスラと言えるようなフレーズでも、評価される前提で、10名の受講者の前で一人で発話するとなると、失敗しちゃいけない心理が働いて、めちゃくちゃ下手な英語になっていたことがショックでした。イントネーションも、強弱も、発音も乱れていました。

これ、私が時々開催する音読ワークショップで見かける状況と似ています。集中して練習しているときは比較的スムーズに言えているのに、私が目の前で聞き始めたとたんに、口の動きが硬くなり、失敗してしまうのです。そんなときは、いったんスルーして、再び視界に入らぬよう背後から音読の様子を聞くようにしています(不気味ですみません)。これからも、私の見回りがプレッシャーとなってネガティブな影響を与えないように、気をつけなくてはいけない、と思いました。

「ネイティブらしく話す」という意識よりも、「ネイティブや、世界中のノンネイティブに言いたいことが伝わるように話す」ことが大切なのを再認識できたのは、貴重な体験でした。

さて、あっという間の濃い6時間のあとは、懇親会。そこで、先生がおっしゃっていた、東京の鉄道アナウンスの話が興味深かったです。

「次の~駅で○○線、○○線、○○線にお乗換えください」という案内の英語は、個々の単語の発音は完璧にネイティブだが、全体のイントネーションに違和感があるのだそう。

Marunouch Line、Toei Shinjuku Line、Oedo Line…と続くとき、みなさんはどこに音の際立ちを置きますか?

アクセントは、強調したい単語に置きますよね。何線に乗り換えるのか知りたいのだから、Marunouchi、Toei Shinjukuのように固有名詞の部分をはっきりと聞き取りやすく話したほうが、相手に情報が伝わります。ところが、ジェフ先生によると、ある鉄道会社のアナウンスはLineの単語が固有名詞よりも際立って発音されており、聞き取りにくいとのだそうです。

なるほど、言われてみれば…。
みなさんも、英語アナウンスが流れてきたら、伝えたい単語にアクセントが置かれているか、観察してみてくださいね。

« パート4問題にチャレンジ! 新幹線アンケート | トップページ | 600点突破塾が終了しました »

イベント・セミナー列車」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« パート4問題にチャレンジ! 新幹線アンケート | トップページ | 600点突破塾が終了しました »