フォト

Books

無料ブログはココログ

« アストラムラインの新白島駅 | トップページ | 列車に乗り込む人々 »

2016年1月22日 (金)

週末は各地で大荒れの天気となりそうですね。また列車の運行が乱れないといいのですが。

イギリスでも降雪や強風は列車運行の悩みの種のようです。インフラを管理・運営するネットワークレールのウェブサイトでは、How we're minimising disruption caused by snow and ice(雪や氷による障害を最小限に抑えるには)というタイトルで、除雪車を稼動させたり、スタッフが線路を監視するなどの対策を紹介しています。

そのページより、選択肢なしの穴埋め問題をどうぞ。
Wind can cause snow to drift: if drifts reach 30cm, trains cannot run safely ------- they're fitted with snow ploughs.

http://www.networkrail.co.uk/timetables-and-travel/delays-explained/snow-and-ice/ より

ヒント:drift 【動】雪が吹き溜まりになる 【名】吹き溜まり snow ploughs 除雪機(車)

空欄前までは、

「風が原因で雪の吹き溜まりができる。吹き溜まりの深さが30センチになれば、列車は安全に走行できない」

空欄後は、

「それら(=列車)に除雪機が取り付けられる」

と続きます。この2つのフレーズを結ぶ接続詞を入れましょう。
「除雪機が付けられないと、安全に走行できない」ならば

unless

を入れるとスムーズに意味が通ります。unlessは日本語にしようとすると難しいのですが、「unless以下の場合は例外」であることをあらわす接続詞です。

trains cannot run safely
安全に走行できない

unless they're fitted with snow ploughs
例外は、除雪機を取り付けられる、ということ

ということですね。

« アストラムラインの新白島駅 | トップページ | 列車に乗り込む人々 »

5番線【Part 5】」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« アストラムラインの新白島駅 | トップページ | 列車に乗り込む人々 »