フォト

Books

無料ブログはココログ

« 2015年12月 | トップページ | 2016年2月 »

2016年1月

2016年1月31日 (日)

第207回TOEIC公開テストを受けた

Toeic_day

2016年になって初めての公開テストでした。受けたみなさま、お疲れ様でした。
今日のナレーターが聞き取りにくかったとか、パート7が難しめだったとか、受検した感想を期待してこのブログに来た方、ごめんなさい。私が感じる難易度はどうも毎回ズレているようなので、何の参考にもならないから書きません。

今日は初めて音声トラブルというのに遭遇しました。
始めは少し聞き辛いかな、という程度だったので、聞き逃すまいとして余計な神経を使ってしまい、きちんと聞こえているはずの音さえ拾えなくなって焦ってしまいました。

その後はっきり音が乱れてくれたので、終了後に対処するのが予測でき、影響を受けたパート2の問題番号に小さく印をつけて、そのままパート3へ。

ところが、解きなおしするのかな、バウチャーもらえるのかな(もらえませんでしたが)、なんてワクワクしていたら、パート3の選択肢の先読みに集中できず。いけませんね。

結局、試験官さんがしっかり対処してくださり、リーディング終了後に割とスムーズに解きなおししました。

聞こえないまま解いた問題のうち、正解しているのが多くておもしろかったです。

例えばこんなイメージ。

Why was ..ゴニョゴニョ...
(A) Yes, →×
(B) 聞こえないけど主語+動詞 →保留
(C) After ゴニョゴニョ(短い句に聞こえる)→×

消去法で(B)にマーク

すべて聞こえる状態で解き直したら、合っていました。

ということは、パート2ですべてを聞き取れなくても正解できる!かな…

それはわかりませんが、
テスト中に音が乱れたら、慌てずにマークシートの番号のところに小さい印をつけておき、平常心を保って最後まで解き切ればいい、ということがわかりました。

もし、何も言われずに解散しそうになったら、手を挙げて、再度再生してもらうように言おうと思いました。勇気が要るかもしれませんが、他の人たちも、きっと同じように再受検を希望していただろうと思います。

2016年1月30日 (土)

グランドオープニング

Fullsizerender


京都駅近くにあった梅小路蒸気機関車館が閉鎖され、京都鉄道博物館として生まれ変わるべく、現在under renovationです。京都から山陰本線で二条駅に向かう途中でチラっとだけ中の様子が見えます。

この巨大ポスターによると4月29日にオープンするそうですね。あと3ヶ月。
Grand openと書かれていますが、TOEICではいつもGrand openingと"ing"をつけた状態で出てきます。

2016年1月29日 (金)

京都駅の階段

Img_8261

Stairs lead to the roof garden.
(階段が屋上庭園までつながっている)

動詞leadのこういう使い方は、TOEICで勉強するまであまり意識をしたことがありませんでした。そういえば、All roads lead to Rome(すべての道はローマへ通ず)ということわざがありましたね。

ここはJR京都駅のビルを途中まで上ったところです。この地点は確かビルの4階だったかな。

2016年1月28日 (木)

Screen doors at 烏丸御池

Image

Half-height platform edge doors screen the platform from the subway tracks.

screen A from B (AをBから遮断する)

Platform doorをウィキペディアで調べていたらscreenを動詞で使ってる文を見たので真似してみました。

昨日から京都にいます。ホテルにチェックインする前に二条城を見に行きました。往きは京都駅からJR山陰本線に乗り二条駅で下車。帰りは二条城前駅より京都市営地下鉄を乗り継いで京都に戻ってきました。

上の写真は、乗り換えをした烏丸御池駅です。ここはホームドアがhalf-heightです。二条城前駅ではfull-height screen doorsでした。同じ市営地下鉄でも違うのですね。

2016年1月27日 (水)

アイ酢クリーム


Image

How about some sweet and sour ice cream?

品川駅から新幹線に乗ることになっていたのに、いつもの癖で間違えて東京駅に来てしまいました。せっかくなので地下の酢バー(飲む酢エキスプレ・スという名らしい)に寄りアイ酢クリームを注文。朝10時に。
程よい酸味があって、癖になりま酢よ。

2016年1月26日 (火)

Ventilation ductからsmoke

今朝の銀座駅での発煙騒ぎは、ventilation duct(換気ダクト)内のタバコの吸殻が原因だったみたいですね。やれやれ、ですが、大きな火事にならなくてよかったです。

TOEICの世界では、ventilation systemの点検や修理が頻繁に行われているので、タバコの火がホコリにうつって燃えることは、まずないでしょう。そもそもタバコというのが存在しないようですから。

そのニュースのせいではないのですが、今日は朝から頭痛がちっとも去ってくれず、予定していた仕事の半分もできないうちに夜になってしまいました。明日は一泊で京都に行く予定なので、今日は早めに休むことにします。

Csc_0864
Photo: Tetsuo
西武多摩川線

本文とはまったく関係ありません。

2016年1月25日 (月)

永福町

Img_8154
There is a company logo on the exterior wall of the building.

京王井の頭線の永福町駅前に、株式会社アルクの「地球人のマーク」が見えます。
2010年に地下ホールで開催された、ロバート・ヒルキ先生とヒロ前田先生によるセミナーは衝撃的でした。以降TOEICの世界に急速に引き込まれ、現在に至ります。

2016年1月24日 (日)

深く勉強する

今朝、母にTOEIC勉強法について尋ねられて、「1つの素材を深く勉強して英語の体力をつけたらどうか」という話をしました。問題集をすでに何冊か持っているが、スコアがずっと停滞しているという相談でした。

すでにいろんな先生が言っていますが、問題を解くだけではあまり英語力は上がりません。私が言った「素材を深く勉強する」というのは、たとえば問題に出た英文全体を、解答に関係ないところも含め、じっくり読んだり、音を聞いたり、自分でマネをして言ってみたり、英文を見て意味をイメージしたり、逆に日本語を見て英文を再生したりなど、さまざまなアプローチで取り組むことです。

昨日のヒロ前田先生のセミナーでも、長文のリスニング問題で受験テクニックが効果を出すには、そもそも聞き取れていないといけないという話がありました。昨日は、30秒ほどのパート3の会話文を、英文を見ながらCD音声と同時に読んだり、音だけを頼りにマネして言ってみたりなど、じっくり復習をする体験をしました。

Img_5381
A tram car is going around the corner.
(路面電車が角を曲がっている)

※本文とは全く関係がありません。

2016年1月23日 (土)

列車に乗り込む人々

Dsc02191
Some people are boarding the train.
(人々が列車に乗り込もうとしているところだ)

boardは「乗り込む」という動作を表すので、
現在進行形になると「乗り込んでいる最中」という意味になります。

この写真では、出入り口の先にあるのが列車かどうかわかりませんよね。
ドバイ空港の駅で、ドバイメトロにboardしているところなのです。

2016年1月22日 (金)

週末は各地で大荒れの天気となりそうですね。また列車の運行が乱れないといいのですが。

イギリスでも降雪や強風は列車運行の悩みの種のようです。インフラを管理・運営するネットワークレールのウェブサイトでは、How we're minimising disruption caused by snow and ice(雪や氷による障害を最小限に抑えるには)というタイトルで、除雪車を稼動させたり、スタッフが線路を監視するなどの対策を紹介しています。

そのページより、選択肢なしの穴埋め問題をどうぞ。
Wind can cause snow to drift: if drifts reach 30cm, trains cannot run safely ------- they're fitted with snow ploughs.

http://www.networkrail.co.uk/timetables-and-travel/delays-explained/snow-and-ice/ より

ヒント:drift 【動】雪が吹き溜まりになる 【名】吹き溜まり snow ploughs 除雪機(車)

空欄前までは、

「風が原因で雪の吹き溜まりができる。吹き溜まりの深さが30センチになれば、列車は安全に走行できない」

空欄後は、

「それら(=列車)に除雪機が取り付けられる」

と続きます。この2つのフレーズを結ぶ接続詞を入れましょう。
「除雪機が付けられないと、安全に走行できない」ならば

unless

を入れるとスムーズに意味が通ります。unlessは日本語にしようとすると難しいのですが、「unless以下の場合は例外」であることをあらわす接続詞です。

trains cannot run safely
安全に走行できない

unless they're fitted with snow ploughs
例外は、除雪機を取り付けられる、ということ

ということですね。

2016年1月21日 (木)

アストラムラインの新白島駅

Archway

Some people are walking in an archway.
(何人かがアーチの通路を歩いている)

これは、駅のプラットフォームです。広島城を見たあと、アストラムラインに乗ってJRに乗り換えようと新白島駅で降りたら、このような空間が広がっていて目を見張りました。デパートの入り口みたいな乗降口。列車の姿はよく見えません。

2016年1月20日 (水)

久慈駅のベンチ

Dsc03115_2

Benches have been pushed against the wall.

ドラマ「あまちゃん」のロケ地になった久慈駅です。JRと三陸鉄道を結ぶ跨線橋にて。

2016年1月19日 (火)

最西端の駅

昨日、arched windowsがあると書いた佐世保駅は、the westernmost JR station です。去年の夏、初めて訪れました。

Dsc04124

そこから松浦鉄道に乗りさらに北西に向かって、たびら平戸口駅に行くと、駅に「最西端の駅」という表示がprominently displayedされていました。

Img_7200

ここは、2本レールの普通鉄道の最西端。

そして、沖縄のゆいレールを忘れてはいけません。那覇空港駅こそ日本のthe westernmost stationです。

Okinawa

2013年1月の写真です。このときは那覇でTOEIC受験をしました。

2016年1月18日 (月)

佐世保駅のarched windows

16日のTOEICセミナーで、「TOEICの世界ではarched windowsのブームが去ったらしい」みたいなことを言いました。そうは言っても、忘れたころにポロっと登場するかもしれませんね。

我々の世界を見回すと、アーチ型はここかしこに見られます。ほら、佐世保駅の駅舎にも。

Fullsizerender_2

2016年1月17日 (日)

夜の渋谷駅

Image

Vehicles are passing under the track bridge.
わかりにくいか…

ある英語関連の新年会に参加させていただきました。
歌、ダンス、スピーチ、落語などのパフォーマンスで盛り上がり、他の参加者の方々とも歓談できて、楽しい時間を過ごすことができました。

2016年1月16日 (土)

チャレンジ模試セミナーリスニングS終了

アルク主催のTOEICテストチャレンジ模試セミナー1日目(リスニングセクション)が終了しました。今回は、午前中の模試で記入したマークシートを昼休み中にスキャナーで読み取り、受講者の皆さんの解答状況を把握しながら午後からのセミナーに活かしました。

使用テキストの「直前の技術」模試にも、モニターの正答率が載っていますが、問題によってはその数字と開きがあったのが興味深かったです。

4時間強の講義時間はあっという間に過ぎてしまいました。
受講者の皆さんは、明日は相澤俊幸先生とリーディングセクションの問題を振り返ります。
あと1日がんばってください。皆さんが目標スコアを早々に突破しますように。

2016年1月15日 (金)

現美新幹線

1月12日に、春からデビューする「現美新幹線」の外観が大宮で公開されました。trainのmuseumではなくて、museum in train とういうことですね。

英字ニュースサイトでは、decorated with sparkling images of fireworks、a specially decorated six-car bullet train (The Japan Times)、world's fastest art exhibition (AJW)のようにdescribeされています。

2016年1月14日 (木)

ウルトラ幕の内

Bought my lunch at Shinjuku Station.

Image

Ultra Brothers' lunch box!

Image_2

蓋を開けたら、ultraというほどではなく、a typical makunouchi bentoでした。

2016年1月13日 (水)

新形式TOEICテストの公式問題集

SNSで盛り上がっていたので、1日遅れて取り上げるのもなんですが…
5月より始まる、新形式TOEICテスト(リスニング/リーディング)の公式問題集が、2月18日に発売されるとオフィシャルに発表されました。

IIBCウェブサイトに、詳細情報が載っています。

ウェブページの下の方にはIPテストの導入時期についても書いてあります。
IPテストでの新形式は「2017年4月導入を予定」とのこと。

このブログでも、新形式予想問題(鉄道版だけど)を作って遊びましたが、公式本ではどのような問題が収録されているのでしょうか。楽しみです。

Vol. 6のようにリーディングセクションの音声も別売りでダウンロードできるようになるのかも興味あります。

2016年1月12日 (火)

新型あずさ

_dsc0626_2
Photo: Tetsuo

Mountains are visible in the distance..
(遠くに山が見えている)
と書こうと思ったら、山は近くまで迫っているからin the distanceではないですね。

新型スーパーあずさは、キリっとした顔をしています。

2016年1月11日 (月)

塗り絵も楽じゃない

マークシート集計システムのテストをするために、ランダムに記号を塗ったマークシートを何枚か作りました。Aだけ、Bだけ、など塗る記号を決めて塗り絵のようにひたすら鉛筆をグリグリ回していました。

10問を塗る時間は、調子が良ければ8秒くらい。続けて塗るとだんだんずれていくので、連続するほど判読可能なレベルを保持しようとして、遅くなるみたいです。200問を塗りつぶすのにかかった時間はおよそ6分でした。

Image_2

これはひどい。途中で眠くなり枠外にはみ出しまくっています。
美しく塗る必要はありませんが、あまりに乱れると正解であってもカウントしてもらえないかも。

TOEICは減点方式ではないので、時間内に問題が解けなくてもマークは必ず塗るように勧めていますが、塗り絵をするのも、楽なことではありません。

2016年1月10日 (日)

1月23日(土)に、ヒロ前田さんのTOEICセミナーが朝日カルチャーセンターで開催されます。
合宿タイプを除くと、前田さんの一般向けTOEICセミナーは久しぶりかも。
新形式テストの話もきっと聞けるだろうと勝手に期待しています。

https://www.asahiculture.jp/shinjuku/course/3852f598-f245-e105-7167-5631e9a02e55

2016年1月 9日 (土)

At a coffee shop

Img_8100_2

今日はブログも休日モード。
山手線が見えるcoffee shopで一服しました。窓の外に写っているのがわかります?
運がよければnew E235 seriesが通るかと待っていましたがこの日は見られず。

TOEICパート3、"Where does the conversation take place?"(会話はどこで行われていますか)という問題の選択肢でcoffee shop が出てくることがありますが、coffee shopに場所が限定されるTOEICの会話ってどんなのだろう…?

2016年1月 8日 (金)

Bridge_tetsuo
Photo: Tetsuo

A train is crossing the bridge.

freight train(貨物列車)が橋を渡っているところです。
TOEICに出てくる橋は、しょっちゅうrepair(修理)されていますね。住民はそのたびにdetour(迂回)を余儀なくされています。

2016年1月 7日 (木)

ウルトラマンスタンプラリー

Img_8095_2

五反田駅でウルトラマンスタンプラリーの台紙を手にいれました。せっかくだから押していこう。あれ、ラリーのスタンプ台がどこにもない…?

そんなときの、パート2問題をどうぞ。

Where can I stamp my booklet at this station?
(A) Yes, once in a while.
(B) You have to wait until Tuesday.
(C) About two weeks.

問いかけがWhere(どこ)ではじめる場合は、(A)のようにYesや、Noで返すと不自然なやりとりになります。場所を答える選択肢はありませんが、「どこでスタンプできるか」の問いに「待たなくてはいけない」つまり「まだスタンプできないよ」と受けている応答(B)が正解です。場所を尋ねられながらも「スタンプを押す」という行為にフォーカスした少しひねりのある応答でした。これがやりとりとして成立すると気づくには、冒頭の1語だけを意識するのではなく、全体から質問者の意図を理解できるかどうかがカギになります。

実際の場面ではきっと、「みどりの窓口前に設置される予定です」のような場所情報が補足されるでしょう。昨日はちょうどスタンプ台をみどりの窓口前に設置している最中、is being installedでした。ラリー期間は1月12日から2月26日まで。

Fullsizerender_2

この駅ではどこで冊子(スタンプ台紙帳をこう表現しました)に押印できますか?
(A) はい、ときどき。
(B) 火曜日まで待たないといけませんよ。
(C) 2週間くらいです。


英文校正:Neil Colledge

2016年1月 6日 (水)

3月TOEIC公開テスト

昨年12月公開テスト結果のインターネット表示の案内が来てガックリ肩を落とした4時間後に、3月13日公開テスト受付開始の案内がメールで届きました。現行形式の公開テストとしては、penultimateの機会です。受験を決めている方はいますぐ申し込みましょう!

そう、いますぐです。
Registration deadlineはコンビニ申込で2月1日です。まだ1ヶ月近くあるわ~と思って申し込みを先延ばしにしておくと、締切り近くになって思い出すことを忘れてしまう危険があります。
私もいま、書き込みを中断してonline registrationを済ませました。

ところで、penultimateは「最終から2番めの」という意味ですが、もっとスッキリした和訳があったような気がするも、思い出せません。

あ、

「ブービー」 ??

うーん。ちょっとニュアンスが違う。
ちなみに英語のboobie prizeだと2番目でなく最下位の賞のようです。

2016年1月 5日 (火)

ロープのドア?

初めてロープ式のホームドアを見かけて、思わず下車しました。
JR神戸線の六甲道駅です。

Closed

横に立つと、ロープは首から下の位置に張ってあるし、ウォールも低い位置に固定してあります。電車のドアが開いたらどのようにロープが消えるのかあれこれ想像して待っていると…

おお、そうか!

Open_full

壁からニョキニョキと柱が出て、ロープを引き上げるのですね。

Closing

発車するときは、スルスルとロープが降りてきて、電車のドアが閉まります。

ロープ式のホームドアは、少し前のRailway Gazetteに韓国製の装置がスウェーデンの鉄道駅に設置されたというニュースで取り上げられていました。

http://www.railwaygazette.com/news/technology/single-view/view/wire-ropes-as-platform-screens.html?sword_list%5B%5D=platform&sword_list%5B%5D=rope&no_cache=1

英文記事ではロープ式ドアはrope screen doorやrope-based screenのように書かれています。「ドア」というと少し違和感がありますが、どのような名称に定着するんでしょう?

2016年1月 4日 (月)

オーバーヘッド

_dsc0615tetsu

Photo: Tetsuo

公式問題集にも出たoverhead wires(架空線)が何本も見えています。
overheadは字のごとく、「頭上」という意味。飛行機やグランクラスで頭上の荷物入れがありますが、あれはoverhead binといいます。binは私はついつい瓶を想像してしまいますが、「入れ物」のことですね。trash bin(ゴミ箱)がパート1で出てくることもあります。

overheadは、overhead expense(諸経費)のように間接費の意味で出ることもあります。

写真は189系。懐かしい国鉄色です。子どもの頃の旅行の写真には、こういう列車が写っていました。これはTetsuoが年末に撮ってきたもの。

正面に三角形のマークがついているのが、カッコいい。

2016年1月 3日 (日)

Nambu Line

Kaigai2_tetsu
Photo: Tetsuo

The 205 series car trains are about to be transferred to Jakarta, Indonesia.

昨年12月に鉄男が撮影した、インドネシアに譲渡される南武線の車両です。
終点の武蔵中原駅到着時に流れた最後のアナウンスの記事がネットで配信されていましたね。

Yahoo! JAPAN ニュースの記事を電車の中で読んだときは、あ、まずい涙腺がっ状態でした。年のせいか、このテの話にすっかり弱くなってしまいまして。それほど強い思い入れがある路線でもないのに。

Rocket News 24に英文記事があります。
http://en.rocketnews24.com/2015/12/15/japanese-conductor-gives-heartwarming-message-on-trains-final-run-before-its-shipped-overseas/

横からなので見づらいのですが、「南武線→海外譲渡」のヘッドマークをつけています。

2016年1月 2日 (土)

見下ろす写真

Csc_0665_2
Photo: Tetsuo

Some buildings overlook the rail tracks.

臨時運行の「特急あずさ」が走る線路を、ビルたちがoverlook(見下ろす)しています。

overlookはoverlook a sign (サインを見落とす)というように「見落とす」「見過ごす」というネガティブな意味もありますが、パート1に登場するときには「景色を見渡す」という意味で使われます。

2016年1月 1日 (金)

2016年になりました

新しい年になりました。

5月からTOEICの形式が少しだけ変わります。
が、軸となる勉強法は変わりません。
心を乱されず、自分の興味のある分野を切り口に
英文に親しんでいきましょう。

私は、年始のお参りを午前中に終わらせ、その後は
元日から開いている電源カフェに移動して、
再来週のセミナーで配る資料の作成をしていました。

本当は、迎春のヘッドマークをつけた電車の写真を撮って
ここに貼りつけたかったのですが、早起きするための
気合が足りませんでした。

ということで普段と変わらない京王井の頭線が並んだ吉祥寺駅の写真をどうぞ。

今年もどうぞよろしくお願いします。

Img_8063

« 2015年12月 | トップページ | 2016年2月 »