フォト

Books

無料ブログはココログ

« グランドオープニング | トップページ | やっぱり怖いパート1 »

2016年1月31日 (日)

第207回TOEIC公開テストを受けた

Toeic_day

2016年になって初めての公開テストでした。受けたみなさま、お疲れ様でした。
今日のナレーターが聞き取りにくかったとか、パート7が難しめだったとか、受検した感想を期待してこのブログに来た方、ごめんなさい。私が感じる難易度はどうも毎回ズレているようなので、何の参考にもならないから書きません。

今日は初めて音声トラブルというのに遭遇しました。
始めは少し聞き辛いかな、という程度だったので、聞き逃すまいとして余計な神経を使ってしまい、きちんと聞こえているはずの音さえ拾えなくなって焦ってしまいました。

その後はっきり音が乱れてくれたので、終了後に対処するのが予測でき、影響を受けたパート2の問題番号に小さく印をつけて、そのままパート3へ。

ところが、解きなおしするのかな、バウチャーもらえるのかな(もらえませんでしたが)、なんてワクワクしていたら、パート3の選択肢の先読みに集中できず。いけませんね。

結局、試験官さんがしっかり対処してくださり、リーディング終了後に割とスムーズに解きなおししました。

聞こえないまま解いた問題のうち、正解しているのが多くておもしろかったです。

例えばこんなイメージ。

Why was ..ゴニョゴニョ...
(A) Yes, →×
(B) 聞こえないけど主語+動詞 →保留
(C) After ゴニョゴニョ(短い句に聞こえる)→×

消去法で(B)にマーク

すべて聞こえる状態で解き直したら、合っていました。

ということは、パート2ですべてを聞き取れなくても正解できる!かな…

それはわかりませんが、
テスト中に音が乱れたら、慌てずにマークシートの番号のところに小さい印をつけておき、平常心を保って最後まで解き切ればいい、ということがわかりました。

もし、何も言われずに解散しそうになったら、手を挙げて、再度再生してもらうように言おうと思いました。勇気が要るかもしれませんが、他の人たちも、きっと同じように再受検を希望していただろうと思います。

« グランドオープニング | トップページ | やっぱり怖いパート1 »

TOEICテスト 試験車両」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« グランドオープニング | トップページ | やっぱり怖いパート1 »