フォト

Books

無料ブログはココログ

« テキサス新幹線 | トップページ | エヴァ新幹線 »

2015年12月 9日 (水)

東京駅のレンガ

東京駅のレンガ壁のそばを通り過ぎたとき、先日見たNHKの番組「ブラタモリ」の中で言っていたことを思い出して、写真を撮りました。2012年に完成した駅舎復元工事では、創建当時のレンガの目地まで再現したそうです。「覆輪(ふくりん)目地」という半円状に盛り上がった珍しい形状は、現在ではその技術がほとんど継承されていないため、昔の職人の方に聞いたり、道具を一から作ったりするなど苦労があったそうです。

Img_7696


覆輪目地はパンフレットではbeaded jointという英語になっていました。別の資料でconcave jointと訳しているものもありましたが、これは逆に半円状にくぼんでいる形のようです。目地はjointとかmortar jointと言うのですね。どれもTOEICに出ることはないでしょうけど。

こういう調べものは楽しいですね。このレンガ復元を担当したのはLIXIL(リクシル)という会社で、これは我が家のお手洗いを作ったINAXさんが前身のひとつだということもわかりました。そんなこんなでつい没頭してしまい、明日までの仕事が進みません。今から挽回します。

東京ステーションシティ「東京駅の歴史」
http://www.tokyostationcity.com/tsc/history/
TOKYO STATION × LIXIL 東京駅丸の内駅舎復原にみる「タイルの原点」
http://archiscape.lixil.co.jp/feature/vol01/
ウィキペディア Mortar joint
https://en.wikipedia.org/wiki/Mortar_joint

« テキサス新幹線 | トップページ | エヴァ新幹線 »

単語列車」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« テキサス新幹線 | トップページ | エヴァ新幹線 »