フォト

Books

無料ブログはココログ

« 中央線ソース | トップページ | Platform bench orientation »

2015年11月16日 (月)

第205回TOEIC公開テストを受けました

昨日は第205回TOEIC公開テストでした。
気のせいかもしれないのですが…いつもよりもパート2が難しく感じました。間接的な応答が正解になる問題って、こんなに前半に多く出題されたっけ?と思いながら解いていました。

「Where~?」の問いかけに対して「In the company cafeteria」のような素直なやりとりももちろん出題されたのですが、自分が想定していた割合よりも少なかったです。冒頭の疑問詞だけ、キーワードだけ、というような部分的な聞き取りではなく、問いかけ文の内容を正しく理解する力、話者がおかれている状況を柔軟に想像する力を持っているかがカギになるでしょう。

こうした問題に強くなるには、パート2だけのやりとりだけでなく、少し長い会話文を使って意味のつながりや背景を意識した聴き取りを練習してはいかがでしょうか。パート2は、会話の中の1往復だけを抜き出したものです。長いやりとりに慣れれば、短いフレーズを聞いても、話者の置かれた状況を想像しやすくなるはずです。

来年5月から導入される新形式の「意図くみとり問題」の対策にもなるでしょう。「女性が~と言った理由はなにか」というような、発言者の意図を問う問題のことです。

字幕つきの英語のドラマはいい教材になりますね。私は「大草原の小さな家」と「フルハウス」を見て英語がかなりわかるようになったのですが、その話はまたの機会に。

« 中央線ソース | トップページ | Platform bench orientation »

TOEICテスト 試験車両」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 中央線ソース | トップページ | Platform bench orientation »