フォト

Books

無料ブログはココログ

« イベントのお知らせ~公式問題集 模試&振り返りセミナー | トップページ | 予土線の電車たち »

2015年6月18日 (木)

Part 2問題にチャレンジ[012-Part 2解答]

2015/6/15に出題したPart 2問題の解説と解答です。
今回は3問とも「Aですか?それともBですか?」を問う選択疑問文問題を取り上げました。TOEICテストでは毎回出題される問題タイプです。

1. Which would you like to ride from Uwajima Station, the Shiman Torocco or the Hobby Train?
(A) The Shiman Torocco sounds fun.
(B) Yes, we did.
(C) Only in the training period.

解説
ただでさえ文が長くなる選択疑問文なのに、固有名詞が並んだことで余計にわかりにくい質問になってしまいました。構造はシンプル。宇和島駅から乗りたい列車は2つのうちどちらなのかを尋ねています。「しまんトロッコと(鉄道)ホビートレインのどちらに乗りたいですか?」と聞かれ、前者を選んで「しまんトロッコがおもしろそうですよ」と答えた(A)が正解です。(B)はwe didと過去時制になっており問いかけにかみ合いません。また、どちらかを選んで欲しいという質問に対して、Yesで答えているのも不自然です。

この問題は、
   Aですか、それともBですか? → Aがいいですね
選択疑問文問題の中ではもっともシンプルなタイプです。

Part 2では「質問文に出てくるのと同じ単語が登場する選択肢はひっかけ不正解だ」という傾向がありますが、選択疑問文ではその限りではありません。そもそもAとBを提示して「どちらかを選んで」と言っているのですから、単語がリピートされるのは自然な現象なのです。
「しまんトロッコとホビートレインのどちらがいいか?」と聞かれて、その名前を出さずにどちらかに乗りたいなんて言えるでしょうか?「早く出発するほうがいいです」…あ、言えますね。

私が2015年4月に宇和島駅で見たしまんトロッコは、これ。
Dsc03631

このおよそ5時間後に松山空港から羽田行きのANAに乗らないといけなかったので、残念ながら乗車はしていません。

鉄道ホビートレインも、列車が宇和島駅に着く時刻が午後だとわかったので、見るのをあきらめました。列車の写真が見られるJR四国のサイトはこちら。先頭が新幹線ゼロ系の形をしている列車です。

和訳
宇和島駅からしまんトロッコとホビートレインのどちらに乗りますか?
(A) しまんトロッコがおもしろそうですね。
(B) はい、私たちはしました。
(C) 研修期間だけです。
正解:(A)

2. Can we ride the Botchan Train with this pass, or do we need to buy another ticket?
(A) Through that gate.
(B) Is it expensive?
(C) It’s an additional 100 yen on a 1-day pass.

Botchan Trainは「坊ちゃん列車」という、松山市内を走る路面電車のひとつです。この問いかけ文は先ほどの問題よりも、比べられているものが長くなっていますね。「持っているパスで坊ちゃん列車に乗れる」か、それとも「別の切符を買う必要がある」のかを尋ねています。答えは(C)「1日パスにプラス100円となります」と言っています。これは、提示された2つのものとは別の情報を伝えています。
   Aですか、それともBですか? → 実はCなんです。
と新しい情報を伝えるパターン。さきほどよりも少し間接的な回答となりますが、おそらくPart 2の選択疑問文問題では、一番多い出題パターンではないでしょうか。(B)は「それは高いですか」と尋ねており、内容が値段と関係していますが、乗車について尋ねられた人が言う内容としては不自然です。

和訳
このパスで坊ちゃん列車に乗れますか、それとも別の切符を買う必要がありますか?
(A) あの門を抜けて。
(B) それは高いですか?
(C) 1日パスにプラス100円となります。
正解:(C)

3. How would you like to go up the hill to visit the castle, by the ropeway or the chairlift?
(A) Why don't we walk?
(B) It's on the hillside.
(C) That should be enough, thanks.

丘の上にある城までの行き方について、ロープウェイかリフトのどちらにするか尋ねる質問文です。提示されたどちらの行き方も選ばずに「歩きませんか」と別の行き方を提案している(A)が正解です。Why don't we~は「~しませんか?」と相手を誘う表現ですね。(B)「それは丘の中腹にあります」は「それ」が何を指すのか不明なうえ、何かの場所を伝えてもこの質問の答えとしては成立しないため不正解です。(C)のThat should be enough, thanks.は「もうそれで十分ですよ」という意味です。例えばパンフレットをラックに補充してくれている人に対して、もうそのくらいの部数でいいですよ、と伝えたいときに使えます。

この問いかけ文に登場するお城は松山城をイメージしました。お城がある山頂に行くまでのロープウェイ乗り場のすぐ横に、1人乗りリフト乗り場があります。チケットが共通なので、乗りたい方をその場で選ぶことができます。もちろん下から徒歩で登ることも可能です。鉄道とは関係ありませんが、番外編でした。

和訳
城に行くのに、ロープウェイとリフトのどちらを使って丘の上まで登りますか?
(A) 歩きませんか?
(B) 丘の中腹にあります。
(C) ありがとう、もうそれで十分でしょう。
正解:(A)

Img_5271

それでは次回もお楽しみに!
(英文校正:Neil Colledge)

« イベントのお知らせ~公式問題集 模試&振り返りセミナー | トップページ | 予土線の電車たち »

ニュースdeTOEIC」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« イベントのお知らせ~公式問題集 模試&振り返りセミナー | トップページ | 予土線の電車たち »