フォト

Books

  • 久保 マサヒデ: 本物のビジネス英語力 (講談社+α新書)

    久保 マサヒデ: 本物のビジネス英語力 (講談社+α新書)
    海外で働きたい方、英語を使って仕事をしたい方に向けた、応援歌です。 いつかグローバルな舞台で仕事をしてみたいと思っている方、英語に自信がないからと夢を諦めていませんか?本書は、ロンドンで19年間ファイナンス業界で仕事をした筆者が、英語力よりも大事なコミュニケーション力、心の持ちようについて丁寧に解説しています。

  • 渋谷 奈津子: TOEIC(R)TEST 20日で攻める!  鉄板アイテム事典

    渋谷 奈津子: TOEIC(R)TEST 20日で攻める! 鉄板アイテム事典
    ジャパンタイムズの鉄板シリーズの新刊です。TOEICの世界に頻出する、ぜひ知っておくべきアイテムを、業種別にまとめた上で例文とともに紹介しています。テストの直前にざっと復習するのに最適な新書サイズです。

  • 渋谷 奈津子: TOEIC(R)TEST 鉄板シーン攻略 リスニング(Part 1~4)

    渋谷 奈津子: TOEIC(R)TEST 鉄板シーン攻略 リスニング(Part 1~4)
    TOEICテストに頻出する鉄板シーンを攻略するためのリスニング対策書。タウンゼント社の動きを追いながら、必須単語やフレーズに目と耳を慣らしていきましょう。 ジャパンタイムズのサイトより音声を無料ダウンロードできます。iPhoneアプリでダウンロードすることも可能です。 鉄板シリーズはほかに「文法・語彙」「読解」「ボキャブラリー」がそろっています。総合監修はヒロ前田氏。

  • 横川綾子・渋谷奈津子: TOEIC(R) テスト いきなり600点!

    横川綾子・渋谷奈津子: TOEIC(R) テスト いきなり600点!
    TOEICテスト600点以上を狙う学習者の方に、テストの概要、各パート攻略法、問題の解き方などを丁寧に解説しています。ベテラン英語講師横川綾子先生との共著。TOEIC界の”巨匠”ヒロ前田先生のプロデュースです。リーディングセクションの英文を読み上げた音声など、学習の助けになる特典素材がダウンロードできます。

  • ヒロ前田: CD3枚付 TOEICテスト究極の模試600問

    ヒロ前田: CD3枚付 TOEICテスト究極の模試600問
    本番形式の模擬試験を3セット収録。600問すべてに、公式問題集にはない「問題タイプ」がタグ付けされているので、自分の苦手な分野を把握できるようになっています。解説実況と豊富な特典音声はイチオシです。

  • 安達 洋、渋谷奈津子: スティーブ・ジョブズから学ぶ実践英語トレーニング

    安達 洋、渋谷奈津子: スティーブ・ジョブズから学ぶ実践英語トレーニング
    スティーブ・ジョブズが残した名言をモデルに、同じテンプレートを使って自分のメッセージを発信できるようトレーニングできる一冊です。短文編、長文編の2部構成。

無料ブログはココログ

« アルク主催のリスニングセミナーがありました | トップページ | Part 1問題にチャレンジ[004-Part 1-問題] »

2015年2月 2日 (月)

ファンレターとコメディで英語に触れる

昨日2月1日(日)は、横浜でunusualなセミナーに参加しました。

タイトルは、
【ファンレター&コメディを活用した実践で身につける!初級レベルから使える英語活用術セミナー】

Jayさんこと早川幸治先生の企画したセミナーなので、これは絶対に面白くてためになるに違いない!と思って申し込んだのですが、期待を超えた楽しいセミナーで、懇親会と懇親会2にも参加してきました。

セミナーは2部構成。
第1部は高校の講師、桑原佑典さんによる「ファンレターライティング・ワークショップ~映画スターにファンレターを書こう~」
レターの様式を学ぶだけでなく、多忙な著名人に「読んでもらえるためのファンレター」を実際に投函する直前までのステップを体験しました。便箋、封筒、返信用封筒などのキットが配られるのですから、これはもう投函するしかないですよ。私が送り先に選んだ俳優さんは、イギリスのColin Firthさん。確かに気恥ずかしい部分はありますが、あとは封をして切手を貼るだけなので、必ず投函します。お返事が届いたら、ここで報告しますね。

第2部は、タレントの長井秀和さんによる「初級レベルから使える! これで「間違いないっ!」コメディから学ぶ英語活用術」
何よりも、登壇したとたんに長井さんの声に圧倒されました。ボリュームももちろんですが、とてもよく通る声なのです。大ホールでマイクなしでお話しても、最後列まではっきり聞こえるほどに。昨日のたった4時間のセミナーで声の幅が縮んでいった私にとっては大変うらやましいことです。

さて、ワークショップの冒頭では英語圏のジョークを使って英語の説明をしていただきました。そして、内容はどんどん「TOEICにはまず出ない」内容へ…長井秀和さんワールド繰り広げられました。ニューヨークで修行をされた頃にコメディで舞台に立っていたときの体験談なども英語(モノマネ付き)を交えて話してくださいました。英語のコンテキストになっても、舞台がアメリカであっても、自分の軸がぶれていないのはいいですね。

« アルク主催のリスニングセミナーがありました | トップページ | Part 1問題にチャレンジ[004-Part 1-問題] »

イベント・セミナー列車」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« アルク主催のリスニングセミナーがありました | トップページ | Part 1問題にチャレンジ[004-Part 1-問題] »