フォト

Books

無料ブログはココログ

« アルク主催のリスニングセミナーがありました | トップページ | Part 1問題にチャレンジ[004-Part 1-問題] »

2015年2月 2日 (月)

ファンレターとコメディで英語に触れる

昨日2月1日(日)は、横浜でunusualなセミナーに参加しました。

タイトルは、
【ファンレター&コメディを活用した実践で身につける!初級レベルから使える英語活用術セミナー】

Jayさんこと早川幸治先生の企画したセミナーなので、これは絶対に面白くてためになるに違いない!と思って申し込んだのですが、期待を超えた楽しいセミナーで、懇親会と懇親会2にも参加してきました。

セミナーは2部構成。
第1部は高校の講師、桑原佑典さんによる「ファンレターライティング・ワークショップ~映画スターにファンレターを書こう~」
レターの様式を学ぶだけでなく、多忙な著名人に「読んでもらえるためのファンレター」を実際に投函する直前までのステップを体験しました。便箋、封筒、返信用封筒などのキットが配られるのですから、これはもう投函するしかないですよ。私が送り先に選んだ俳優さんは、イギリスのColin Firthさん。確かに気恥ずかしい部分はありますが、あとは封をして切手を貼るだけなので、必ず投函します。お返事が届いたら、ここで報告しますね。

第2部は、タレントの長井秀和さんによる「初級レベルから使える! これで「間違いないっ!」コメディから学ぶ英語活用術」
何よりも、登壇したとたんに長井さんの声に圧倒されました。ボリュームももちろんですが、とてもよく通る声なのです。大ホールでマイクなしでお話しても、最後列まではっきり聞こえるほどに。昨日のたった4時間のセミナーで声の幅が縮んでいった私にとっては大変うらやましいことです。

さて、ワークショップの冒頭では英語圏のジョークを使って英語の説明をしていただきました。そして、内容はどんどん「TOEICにはまず出ない」内容へ…長井秀和さんワールド繰り広げられました。ニューヨークで修行をされた頃にコメディで舞台に立っていたときの体験談なども英語(モノマネ付き)を交えて話してくださいました。英語のコンテキストになっても、舞台がアメリカであっても、自分の軸がぶれていないのはいいですね。

« アルク主催のリスニングセミナーがありました | トップページ | Part 1問題にチャレンジ[004-Part 1-問題] »

イベント・セミナー列車」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« アルク主催のリスニングセミナーがありました | トップページ | Part 1問題にチャレンジ[004-Part 1-問題] »