フォト

Books

無料ブログはココログ

« Part 2問題にチャレンジ [002-Part 2問題] | トップページ | リスニング対策のアプリ(語学プレーヤー) »

2015年1月22日 (木)

Part 2問題の解答[002-Part 2]

2015/1/20のPart 2問題の解説と解答です。まだ問題を解いていない方は、[002-Part 2]の問題を解いてから、戻ってきてくださいね。

[002-Part 2-ANS]

1 What time is the last Kagoshima Honsen train on New Year's Eve?
(A) Yes, I prefer to walk.
(B) They operate all through the night.
(C) About twenty minutes.

解説:鹿児島本線の大晦日の終電時刻をたずねています。ところが選択肢には時刻を答えているものはありませんね。(A)は歩くことと質問とのつながりが見えず、不正解。そもそもWhat timeから始まるWH疑問文(WhatやWhoなどの疑問詞から始まる疑問文)にYesで答えているのが不自然です。(C)はtwenty minutesが魅力的ですが、時刻を示していません。How long(どのくらいの時間)とたずねる質問にマッチする応答です。(B)は終電の時刻を伝える代わりに鉄道が夜じゅう運行されると言っており、これが間接的に質問への応答として成り立ちます。
▶ところで、大晦日に徹夜で運行される電車があることを、私は数年前まで知りませんでした。英文の案内サイトもあるのですね。これでfirst sunrise(初日の出)を拝みに出かけた方も多かったことでしょう。
正解: (B)

2.
Where can I buy a SUGOCA IC train card?
(A) Only two thousand yen.
(B) Within a week, I think.
(C) At the service counter in the station.

解説:SUGOCAというIC train cardを買える場所を尋ねる質問です(SUGOCAは九州のICカード乗車券です。関東地区ではSUICAカードが使われていますね)。Where疑問文に対し(C)は「駅のサービスカウンターで」とストレートに場所を答えています。(A)は値段を、(B)は未来のいつの時点かを問われたときの応答です。この問題は、仮に質問文冒頭のWhereしか聞き取れなかったとしても、(C)が場所について言っているとわかりさえすれば(もしくは消去法でも)正解できる問題です。Part 2の30問のうち、このように比較的素直に答えられる問題が前半に集中しています。Part 2が始まった直後は、特に冒頭を聞き逃さないようにしましょう。
正解:(C)

3.
Can I use a JR Kyushu Rail Pass to ride a Shinkansen to Kokura?
(A) Only recently released books.
(B) No, you need to buy a different ticket.
(C) A popular sightseeing destination.

解説:JR九州レールパスを使って小倉まで新幹線で行けるかたずねています。(A)は「最近発売された本だけ」と答えており、質問とのつながりが不自然すぎます。(C)は「人気の観光地」と言っているだけで、そのことが質問者の知りたい内容にどう関係あるのか不明です。(B)はCan I ~という質問にストレートにNoと受けたあと、「別の切符が必要」と情報を補足しています。
正解:(B)

お気づきの通り、今回の問題には九州の話題を盛り込みました。先々週、佐賀大学でTOEIC受験をするために、生まれて初めて九州に行ったのです。博多駅ホームには、図鑑や「のりもの探検隊」のビデオで見たカラフルな特急列車が並んでいて、まるで宝箱の中にいるようでした。

では、次回の出題をお楽しみに!

« Part 2問題にチャレンジ [002-Part 2問題] | トップページ | リスニング対策のアプリ(語学プレーヤー) »

ニュースdeTOEIC」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« Part 2問題にチャレンジ [002-Part 2問題] | トップページ | リスニング対策のアプリ(語学プレーヤー) »