フォト

Books

無料ブログはココログ

« 英文で書かれた日本の鉄道の本 | トップページ | 私もイギリス英語で話したい(アルクセミナーに出席して) »

2014年12月 7日 (日)

東京理科大TOEIC講座が終了

先週の神楽坂クラスに引き続き、東京理科大生涯学習センター野田キャンパスで行われていたTOEIC600点講座が昨日終了しました。8回コースの最終日は、Part 1、Part 2、Part 5の重要なポイントをおさらい。このうちPart 1はプロジェクターを使ってビジュアルに頻出表現を確認しました。

Part 1は10問しかないので得点源とまでいかないかもしれませんが、ほかのパートに比べると登場する単語が限られており、英語表現も似かよっているため対策しやすいパートといえます。「いきなり600点!」では、Part 1に頻出するお約束シーンを8つに分類し、そこで描写されやすいポイントを解説しています。


Nagareyama_2
乗り換えの駅。はじめは駅名が正しく言えませんでした。
隣接するショッピングモールには魅力的なお店がいっぱいあり、いつもどこかのお店でコーヒーを飲んでいました。

« 英文で書かれた日本の鉄道の本 | トップページ | 私もイギリス英語で話したい(アルクセミナーに出席して) »

1番線【Part 1】」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 英文で書かれた日本の鉄道の本 | トップページ | 私もイギリス英語で話したい(アルクセミナーに出席して) »