フォト

Books

  • 久保 マサヒデ: 本物のビジネス英語力 (講談社+α新書)

    久保 マサヒデ: 本物のビジネス英語力 (講談社+α新書)
    海外で働きたい方、英語を使って仕事をしたい方に向けた、応援歌です。 いつかグローバルな舞台で仕事をしてみたいと思っている方、英語に自信がないからと夢を諦めていませんか?本書は、ロンドンで19年間ファイナンス業界で仕事をした筆者が、英語力よりも大事なコミュニケーション力、心の持ちようについて丁寧に解説しています。

  • 渋谷 奈津子: TOEIC(R)TEST 20日で攻める!  鉄板アイテム事典

    渋谷 奈津子: TOEIC(R)TEST 20日で攻める! 鉄板アイテム事典
    ジャパンタイムズの鉄板シリーズの新刊です。TOEICの世界に頻出する、ぜひ知っておくべきアイテムを、業種別にまとめた上で例文とともに紹介しています。テストの直前にざっと復習するのに最適な新書サイズです。

  • 渋谷 奈津子: TOEIC(R)TEST 鉄板シーン攻略 リスニング(Part 1~4)

    渋谷 奈津子: TOEIC(R)TEST 鉄板シーン攻略 リスニング(Part 1~4)
    TOEICテストに頻出する鉄板シーンを攻略するためのリスニング対策書。タウンゼント社の動きを追いながら、必須単語やフレーズに目と耳を慣らしていきましょう。 ジャパンタイムズのサイトより音声を無料ダウンロードできます。iPhoneアプリでダウンロードすることも可能です。 鉄板シリーズはほかに「文法・語彙」「読解」「ボキャブラリー」がそろっています。総合監修はヒロ前田氏。

  • 横川綾子・渋谷奈津子: TOEIC(R) テスト いきなり600点!

    横川綾子・渋谷奈津子: TOEIC(R) テスト いきなり600点!
    TOEICテスト600点以上を狙う学習者の方に、テストの概要、各パート攻略法、問題の解き方などを丁寧に解説しています。ベテラン英語講師横川綾子先生との共著。TOEIC界の”巨匠”ヒロ前田先生のプロデュースです。リーディングセクションの英文を読み上げた音声など、学習の助けになる特典素材がダウンロードできます。

  • ヒロ前田: CD3枚付 TOEICテスト究極の模試600問

    ヒロ前田: CD3枚付 TOEICテスト究極の模試600問
    本番形式の模擬試験を3セット収録。600問すべてに、公式問題集にはない「問題タイプ」がタグ付けされているので、自分の苦手な分野を把握できるようになっています。解説実況と豊富な特典音声はイチオシです。

  • 安達 洋、渋谷奈津子: スティーブ・ジョブズから学ぶ実践英語トレーニング

    安達 洋、渋谷奈津子: スティーブ・ジョブズから学ぶ実践英語トレーニング
    スティーブ・ジョブズが残した名言をモデルに、同じテンプレートを使って自分のメッセージを発信できるようトレーニングできる一冊です。短文編、長文編の2部構成。

無料ブログはココログ

« 東京理科大TOEIC講座が終了 | トップページ | 体調管理… »

2014年12月11日 (木)

私もイギリス英語で話したい(アルクセミナーに出席して)

ポストを見たら、小川直樹先生の『イギリス英語でしゃべりたい!UK発音パーフェクトガイド』(研究社)が届いていました!

12月7日に開催されたアルク主催「第5回 聞ける!話せる!イギリス英語」の会場で注文したものです。このセミナーでは、口だけでなく、腕と指を使った発音指導のおかげで、単語レベルではUKっぽく発音することができるようになりました。

ただ、フレーズやセンテンス単位となると、やはりもっと秘密があるようです。なかなか先生のようにうまく言えません。イントネーションというより、呼吸のしかたが違うのか?喉の動き?うーん、続編を早くも期待しています!

セミナーの第2部は、Nadia McKechnie先生のUK英語コミュニケーション講座。パーティなどで、初対面の人と軽く会話を交わすときに使う表現を中心に練習しました。一番役立ちそうだったのは、「会話を終えるきっかけ表現」。「話さないといけない人がいるの」でもいいし、ドラマでよく見るように「飲み物を取りにいきたい」でもいいし、要は「お話しできてよかったワ」をきちんと伝えればいいのですね。

Nadia先生は、英語関連書籍のベテランナレーターでもあります。「いきなり600点!」でもUK発音のナレーションを担当してくださいました。実は2年前に録音スタジオでお会いしているのですが、バタバタしている現場だったので記憶にないはず。そこでセミナー終了後に話しかけてみました。CDと同じ、澄んだ美しい声。本や仕事のことなどお話ししました。とてもフレンドリーな方でした。

第3部は、David John Taylar先生の、貴族の話し方講座。迫力のある深い声で、まるで舞台のリハを見ているかのよう。育ちのよい印象を与える英語の話し方を知ることができて有意義でした。なるほど、母音を伸ばすのか。やりすぎると、嫌味になるかも。さまざまな英語の話し方を知るということは、それだけ自分が英語で演出できる幅が広がるということですから、自分の発話のコントロールをするときに大いに役立ちそうです。デビッド先生にはいずれアクティング講座で教えていただきたいです。

NHKのドラマ「ダウントン・アビー」も見始めたことだし、最近イギリス英語を聞く機会が増えてきました。今はイギリス・日本・ブラジル・アメリカが混ざったチャンポン発音ですが、そのうちイギリス発音にスイッチできるでしょうか。

Uk

« 東京理科大TOEIC講座が終了 | トップページ | 体調管理… »

イベント・セミナー列車」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 東京理科大TOEIC講座が終了 | トップページ | 体調管理… »