フォト

Books

無料ブログはココログ

« 2014年6月 | トップページ | 2014年9月 »

2014年7月

2014年7月18日 (金)

新刊のお知らせ

PhotoPhoto_2

新刊のお知らせです。
ジャパンタイムズ「TOEICテスト鉄板シーン攻略」シリーズに新たに2冊が加わり、7月末に発売されることになりました。

「TOEIC TEST 鉄板シーン攻略 全パート集中!」(岩重理香、ロス・タロック共著)
「TOEIC TEST 20日で攻める!鉄板アイテム事典」(渋谷奈津子著)

私が担当させていただいた「鉄板アイテム事典」は、TOEICテストに頻出する、勝ち進むために必要な「アイテム」を解説した、百科事典的な役割を目指したものです。10のシーンにカテゴリー分けし、鉄板アイテムを例文の形で登場させたり、音声で聞いたり、TOEIC式ミニドリルを解いたりなど、さまざまなアプローチで学習しながら、アイテムを自分の武器のように習得することを狙っています。今回もヒロ前田さんが監修をしてくださいました。

ジャパンタイムズのページ に詳しく紹介が載っています。

アマゾンページはこちら

書店で見かけたら、ぜひ手にとってみてくださいね。

2014年7月17日 (木)

橋のある風景

Goathland

Photo: Tetsuo

There is a bridge across the railway tracks.

大阪ユニバーサルスタジオジャパンで7月15日、「ハリーポッターエリア」が新たにオープンしたそうですね。このニュースを聞いて、去年のプチ鉄道旅行で同行者のTetsuoが撮ったこの写真のことを思い出しました。イギリスノースヨークシャアムアーズ鉄道 のゴースランド駅の赤い橋。映画『ハリーポッター』シリーズでホグズミード駅として登場する駅です。

TOEICテストのPart 1でも橋のある風景がよく登場します。

There is a bridge across the railway tracks.
(橋が線路の上にかかっている)

A bridge extends towards the hill.
(橋が丘のほうまでのびている)

A train is passing under the bridge.
(電車が橋の下を通っている)

この駅には2時間ほど滞在し、駅舎のカフェに入ったり、駅を出て丘に登ったりして過ごしました。その間に何台かの蒸気機関車が橋の下を通るのを見ました。ヨークより乗換え駅のGrosmontからは、諦めていたSir Nigel Gresley号に乗ることができて、ラッキーでした。

2014年7月11日 (金)

第3回 TOEICテスト チャレンジ模試&リスニングセミナー

TOEICイベントのお知らせです。

7月19日(土)に、アルク社主催のTOEICテストの模擬試験とリスニングセミナーを開催します。
午前中に受ける模擬試験は、問題冊子も難易度も受験環境も本番そっくり。午後は解いたばかりのリスニングセクションの振り返りをしながら、リスニング対策を学ぶセミナーを受講いただきます。

模試&リスニングセミナーは今回で3回目の実施ですが(問題は過去と同一のものを使用します)、今回からは、リスニングセクションのCDをお持ち帰りできるようになりました。もちろん従来通り英文スクリプト、問題冊子、ご自分のマークシートをお持ち帰りいただけるので、思う存分復習していただけます。

本番のテストを受ける前に自分の立ち位置を知りたい方、リスニングセクションの勉強法を知りたい方、7月の公開テストの申込みをしそこねてしまった方、ぜひこの機会にご参加ください。会場は東京・飯田橋です。

詳細情報、お申込みはアルクのイベントページ よりどうぞ!
みなさまのお越しをお待ちしております!

2014年7月 8日 (火)

Museum tour

1

Photo: Natty
Some people are watching the coupled Shinkansen.

近日出版予定のTOEIC書の原稿に取りかかっており、すっかり更新が滞ってしまいました。

先週は少し環境を変えて執筆をしようと、埼玉県大宮にある鉄道博物館(通称てっぱく)へ行ってきました。執筆をしていた3階の食事スペースは、平日ということもありゆったり使用できました。ところが窓のすぐ外を東北・上越新幹線がビュンビュン通りすぎるので、結局気が散って仕事にならないことがわかり、3時間ほどで帰ってきました。

TOEICにはrailway museum(鉄道博物館)が出てきた記憶はないものの、natural history museum(自然史博物館)やscience museum(科学博物館)などのシーンは時々出題されます。館内ツアーを率いるtour guide(ツアーガイド)の「諸注意トーク」がPart 4問題でよく出てきますね。てっぱくでも、tour guideさんたちがあちらこちらで展示物の解説をしていました。次回はゆっくり訪れてguided tour(ガイド付き見学)に参加したいと思います。

museum tourの「諸注意トーク」では、トークの結びにgift shop(土産店)に寄ることを強く勧められるのも、おなじみの流れです。

Don't forget to drop by our gift shop!
(土産店に立ち寄ることをお忘れなく!)

私はいつも入館直後にmuseum shopへ寄って、お目当ての品を先に買い求めておきます。今回も食品を中心に袋いっぱいの買い物をしました。「仕事をしてきました」なんて、誰も信じないかもしれませんね。

Photo

A steam train is displayed on the turntable.

« 2014年6月 | トップページ | 2014年9月 »