フォト

Books

  • 久保 マサヒデ: 本物のビジネス英語力 (講談社+α新書)

    久保 マサヒデ: 本物のビジネス英語力 (講談社+α新書)
    海外で働きたい方、英語を使って仕事をしたい方に向けた、応援歌です。 いつかグローバルな舞台で仕事をしてみたいと思っている方、英語に自信がないからと夢を諦めていませんか?本書は、ロンドンで19年間ファイナンス業界で仕事をした筆者が、英語力よりも大事なコミュニケーション力、心の持ちようについて丁寧に解説しています。

  • 渋谷 奈津子: TOEIC(R)TEST 20日で攻める!  鉄板アイテム事典

    渋谷 奈津子: TOEIC(R)TEST 20日で攻める! 鉄板アイテム事典
    ジャパンタイムズの鉄板シリーズの新刊です。TOEICの世界に頻出する、ぜひ知っておくべきアイテムを、業種別にまとめた上で例文とともに紹介しています。テストの直前にざっと復習するのに最適な新書サイズです。

  • 渋谷 奈津子: TOEIC(R)TEST 鉄板シーン攻略 リスニング(Part 1~4)

    渋谷 奈津子: TOEIC(R)TEST 鉄板シーン攻略 リスニング(Part 1~4)
    TOEICテストに頻出する鉄板シーンを攻略するためのリスニング対策書。タウンゼント社の動きを追いながら、必須単語やフレーズに目と耳を慣らしていきましょう。 ジャパンタイムズのサイトより音声を無料ダウンロードできます。iPhoneアプリでダウンロードすることも可能です。 鉄板シリーズはほかに「文法・語彙」「読解」「ボキャブラリー」がそろっています。総合監修はヒロ前田氏。

  • 横川綾子・渋谷奈津子: TOEIC(R) テスト いきなり600点!

    横川綾子・渋谷奈津子: TOEIC(R) テスト いきなり600点!
    TOEICテスト600点以上を狙う学習者の方に、テストの概要、各パート攻略法、問題の解き方などを丁寧に解説しています。ベテラン英語講師横川綾子先生との共著。TOEIC界の”巨匠”ヒロ前田先生のプロデュースです。リーディングセクションの英文を読み上げた音声など、学習の助けになる特典素材がダウンロードできます。

  • ヒロ前田: CD3枚付 TOEICテスト究極の模試600問

    ヒロ前田: CD3枚付 TOEICテスト究極の模試600問
    本番形式の模擬試験を3セット収録。600問すべてに、公式問題集にはない「問題タイプ」がタグ付けされているので、自分の苦手な分野を把握できるようになっています。解説実況と豊富な特典音声はイチオシです。

  • 安達 洋、渋谷奈津子: スティーブ・ジョブズから学ぶ実践英語トレーニング

    安達 洋、渋谷奈津子: スティーブ・ジョブズから学ぶ実践英語トレーニング
    スティーブ・ジョブズが残した名言をモデルに、同じテンプレートを使って自分のメッセージを発信できるようトレーニングできる一冊です。短文編、長文編の2部構成。

無料ブログはココログ

« 2014年1月 | トップページ | 2014年4月 »

2014年3月

2014年3月29日 (土)

見本誌をお届けしました

先日イベントでお世話になった紀伊國屋書店新宿本店さんと、同じく新宿にある南店さんに、拙著『TOEICテスト いきなり600点!』の見本をお届けしました。学習者の皆さんにどのように役立つのかわかりやすいよう、タグがついたりおすすめポイントがマーキングされたりしています。紀伊國屋書店新宿本店8階と、新宿南店6階の書棚で見かけることがあったら、ぜひ手に取ってみてくださいね。

手に取られたら気付かれると思いますが、これは私が自宅で作ったものです。ああ手作りなのね、というのがよくわかる仕上がりで本当に恥ずかしいのですが、著者の思いをみなさんに伝えたい!と気持ちをこめました。表紙に小さく貼らせていただいたのは、濵﨑潤之輔さんの『このTOEICテスト本がすごい!』(中経出版)です。この中で、『いきなり』は選りすぐり54冊の中に入れていただきました。本当にありがたいです。
Ikinari

2014年3月27日 (木)

改札機

突然ですが、問題です。制限時間は10秒。

空欄に入るのは(A) automation  (B) automatic のどちら?

Maracuja Rail plans to install ------- ticket gates at four stations around the city center.

TOEICのPart 5に似た問題です。空欄前のinstallは「~を設置する」という動詞です。
installの後ろには、設置されるモノ(目的語)が入ります。何が設置されるのでしょうか。
先を読み進めます。ticket gatesは切符の門、つまり「改札機」のことですね。
この前に空欄がありますから、ticket gatesと相性のよい語を選択肢から選ばなくてはいけません。
(A)automationは-tionという語尾がついていることから予測できるように、名詞です。自動改札機。うん、なんかイケそうですね。

いえ、ちょっと待って。automationは「自動化」という概念を表す名詞です。自動化が進んで経費節減になった、のように使われるならわかりますが、「自動化の改札機」ではどのような改札機なのか、意味が通りません。
答えは(B)automatic。「自動式の」を意味する形容詞です。「自動式の改札機」でした。

Maracuja Rail plans to install automatic ticket gates at four stations around the city center.
(Maracuja Rail社は市の中心部の4つの駅に自動改札機を設置することを計画している。)

文の和訳を載せましたが、この問題を解くために必要な英文はinstall (automatic) ticket gatesの部分だけです。初見の問題を解くときにこの部分だけ見て解答がわかると、スピーディに解き進めることができますね。

train train train
先日NHK BS1で放送されたJapanologyでは、自動改札機がautomatic ticket barriersと表現されていました。
"Automatic ticket barriers play a key role in preventing congestion."
(自動改札機は渋滞緩和に重要な役割を担っている)

開発されたのは1967年だそうですね。私が生まれて初めて自動改札機を見たのはずっと後の1980年代、大阪御堂筋線でした。
Ticket_gate
Photo: Tetsuo

2014年3月24日 (月)

神戸セミナー終了しました

3月22日に新神戸で開催したTOEIC600点突破セミナーは無事終了しました。
連休の中日にもかかわらず(しかも朝から晴天!)、長時間のセミナーにご参加いただいた皆様には感謝の気持ちでいっぱいです。参加者のモチベーションの高さは、リピート練習をするときの声の大きさと張りでもよくわかります。音読一辺倒というわけではないのですが、セミナー後に「朝からたくさん英語を話したので、どんどん英語になじんでいった」といった声を聞くと、声を出す効果というのは無視できないのかなと思います。

6時間セミナーで、TOEIC未受験の方にもわかりやすく600点突破方法の説明をするには、どうしてもどこかのパートを短縮しないと時間が足りません。今回はPart 6をPart 5の最後に3分間で説明しただけでした。使用テキスト(「いきなり600点!)に詳しく攻略法が載っているというのもありますが、Part 6の12問中、600点を狙うために解くべき問題は、Part 5と同じタイプの問題だけなので、コツも応用できるからです。

セミナーではなかなかメジャー扱いされないPart 6。でも長文が苦手な方は、Part 7よりもPart 6の文書をじっくり復習することをお勧めします。コンテンツや単語はPart 7と共通ですし、文書サイズがコンパクトな割には必要な情報が無駄なく並べられていて読みやすいんですよ。

Photo

2014年3月16日 (日)

英語で発信される日本の鉄道熱

NHK衛星放送が見られる方、ぜひビデオ録画の予約を!

BEGIN Japanology 「鉄道」
3月17日(月)4:00-4:30(月曜日の早朝です)
NHK BS 1

これはもともとNHKが世界に発信しているNHK Worldの中の番組です。日本の文化事情をピータ・バラカンさんが英語でわかりやすく紹介しています。NHK Worldの本放送はスマートフォンのアプリで見られるので、私は6日にこの番組を見ることができました。日本の鉄道が単なる移動手段でなく、思いやりと美意識に満ちた、愛される乗り物であることがよくわかります。そして、一晩で線路をかけ変える素晴らしい技術を持っていることも。

2014年3月14日 (金)

写真撮影

3月10日の鉄板イベントの前に、著者のみなさんと千駄木にあるスタジオ☆ディーバで写真撮影をしました。本格的なスタジオの中、表情が硬めだったのは最初の数ショットだけ。山口直也カメラマンの笑顔を引き出す明るいトークに、6人とも最後は笑いをこらえなければいけないほどでした。

撮影したうちの1枚がこれです。それぞれが自分の著書を持っています。

Teppan_blog_4 後列左より西嶋愉一先生、横本勝也先生、岩重理香先生
前列左より渋谷奈津子、ヒロ前田先生、長田いづみ先生
(スタジオ☆DIVA 山口直也氏撮影)

思い出せばいい

3月10日(月)、新宿の紀伊國屋書店本店での「鉄板シーン攻略」シリーズセミナーイベント は無事に終了しました。平日の夜にもかかわらず、40名近くの方が集まってくださいました。

イベントでは鉄板シリーズに収録されている問題を解いていただいた後、リスニング、文法、読解、語彙それぞれの学習ポイントをおさえたアクティビティに参加していただきました。

1時間半という大変短い時間でしたが、学習のひとつのヒントになれば嬉しいです。

イベントで語彙担当の長田(おさだ)いづみ先生がおっしゃっいました。
「単語を忘れたら、思い出せばいい」
これは「あたりまえ」に聞こえるかもしれませんが、非常に大事なことだと思います。単語を忘れたことに罪悪感を覚えて挫折しないでいただきたいのです。忘れたら、思い出す作業をすればいい。そして、また忘れて、また思い出す。それを繰り返すうちに、「あ、この単語、前に出てきた…」と気持ちの悪い引っ掛かりが出てきます。この気持ち悪さは良いサイン。つまり、目の記憶には残っている、ということですから。まったく忘れてしまったわけではないのです。

こうして単語に繰り返し接することで、少しずつ確実に脳に定着していくと思っています。

2014年3月 6日 (木)

セミナー準備

3月10日に、ジャパンタイムズ主催の「鉄板シーン攻略シリーズ」イベントが新宿で開催されます。今週はその準備に追われています。

このイベントにはシリーズ監修のヒロ前田さんをはじめ、著者の西嶋愉一さん、岩重理香さん、横本勝也さん、長田いづみさんといったTOEICのベテラン講師の皆さんとともに出演します。

2か月ほど前からFacebookを使って全員で準備を進めてきました。
6人も講師がいると、アクティビティのアイディアがポンポン飛び出し
皆さんの引き出しの多さ、深さに私は感心させられるばかり。
1時間半の枠に収めるよう、絞り込むのが大変です。

あれもこれもやりたいけど、お客様が満足してくださるのはどれ?
そもそもお客様のプロファイルは?
などなど話し合って仕上げに入っていますよ。

私は普段単独で行動することが多いので、
このように複数人で企画を進めるのが楽しくてたまりません。
(イベント前にはスタジオで集合写真を撮ることになっているのでなおさら。
これについては後日ご報告)

来てくださる方より私たちの方が楽しんではいけないのですが、
この日がくるのをワクワクして待っています。

このイベントは告知後1週間ほどで40名の定員に達しました。
今後は、せっかく著者がいろいろなところに住んでいるので、
東京以外をまわって開催できたらいいなと密かに思っております。

今回は残念ながらロス・タロックさん(リスニングの問題作成もしていただきました)が
参加できないので、次回は全員集合!したいですね。

« 2014年1月 | トップページ | 2014年4月 »