フォト

Books

  • 久保 マサヒデ: 本物のビジネス英語力 (講談社+α新書)

    久保 マサヒデ: 本物のビジネス英語力 (講談社+α新書)
    海外で働きたい方、英語を使って仕事をしたい方に向けた、応援歌です。 いつかグローバルな舞台で仕事をしてみたいと思っている方、英語に自信がないからと夢を諦めていませんか?本書は、ロンドンで19年間ファイナンス業界で仕事をした筆者が、英語力よりも大事なコミュニケーション力、心の持ちようについて丁寧に解説しています。

  • 渋谷 奈津子: TOEIC(R)TEST 20日で攻める!  鉄板アイテム事典

    渋谷 奈津子: TOEIC(R)TEST 20日で攻める! 鉄板アイテム事典
    ジャパンタイムズの鉄板シリーズの新刊です。TOEICの世界に頻出する、ぜひ知っておくべきアイテムを、業種別にまとめた上で例文とともに紹介しています。テストの直前にざっと復習するのに最適な新書サイズです。

  • 渋谷 奈津子: TOEIC(R)TEST 鉄板シーン攻略 リスニング(Part 1~4)

    渋谷 奈津子: TOEIC(R)TEST 鉄板シーン攻略 リスニング(Part 1~4)
    TOEICテストに頻出する鉄板シーンを攻略するためのリスニング対策書。タウンゼント社の動きを追いながら、必須単語やフレーズに目と耳を慣らしていきましょう。 ジャパンタイムズのサイトより音声を無料ダウンロードできます。iPhoneアプリでダウンロードすることも可能です。 鉄板シリーズはほかに「文法・語彙」「読解」「ボキャブラリー」がそろっています。総合監修はヒロ前田氏。

  • 横川綾子・渋谷奈津子: TOEIC(R) テスト いきなり600点!

    横川綾子・渋谷奈津子: TOEIC(R) テスト いきなり600点!
    TOEICテスト600点以上を狙う学習者の方に、テストの概要、各パート攻略法、問題の解き方などを丁寧に解説しています。ベテラン英語講師横川綾子先生との共著。TOEIC界の”巨匠”ヒロ前田先生のプロデュースです。リーディングセクションの英文を読み上げた音声など、学習の助けになる特典素材がダウンロードできます。

  • ヒロ前田: CD3枚付 TOEICテスト究極の模試600問

    ヒロ前田: CD3枚付 TOEICテスト究極の模試600問
    本番形式の模擬試験を3セット収録。600問すべてに、公式問題集にはない「問題タイプ」がタグ付けされているので、自分の苦手な分野を把握できるようになっています。解説実況と豊富な特典音声はイチオシです。

  • 安達 洋、渋谷奈津子: スティーブ・ジョブズから学ぶ実践英語トレーニング

    安達 洋、渋谷奈津子: スティーブ・ジョブズから学ぶ実践英語トレーニング
    スティーブ・ジョブズが残した名言をモデルに、同じテンプレートを使って自分のメッセージを発信できるようトレーニングできる一冊です。短文編、長文編の2部構成。

無料ブログはココログ

« 【TOEICテスト 600点突破1日セミナーin神戸】 | トップページ | セミナー準備 »

2014年1月26日 (日)

チャレンジ模試&リスニングセミナー終了

アルク主催の「チャレンジ模試&リスニングセミナー」が1月25日に無事終了しました。
60名近くの方々に集まっていただきました。
ありがとうございます!

参加者の皆さんは午前中に模試2時間を受けたあと、
午後にリスニングセクションの振り返りと攻略法セミナーを受けていただきました。
4時間で4つのパートをカバーするので
かなり速いペースのセミナーになりました。

セミナー後にたくさんご質問やご相談をいただくのですが、
このようなお声もよく聞きます。

「公式問題集を何度も解いているのだけれど、
もう解答を覚えてしまっているので、
そこで取れるスコアと本番テストのスコアが大きく違います」

私も選択肢をよく読まずに、あ、これ(C)だ、なんて選ぶことあります(^-^;
これって、下手すると記号をマークするだけの練習になってしまいますよね。

そういうときには
「いったん問題を解くことから離れて、
英文そのものをじっくり読んだり聞いたりしてください」
とお伝えします。

TOEICでは大量の英文が出てきますが、解答に影響するところはそのうちの一部です。
問題集を復習するときには、解答に必要のなかった部分の英文を含め、
音読・速読したりして、意味のあるまとまった英文になじむことをお勧めします。

TOEICがカバーするコンテンツは限られているので、
その本では読む必要のなかったところにあった単語が
本番のテストでキーワードになっているかもしれません。

同じ模試を解きなおすことは、良いリズムで解答をする体験になります。
ただし、何度も勉強した英文であっても、
これが初見だったらどのへんを聞くのかな、
設問のどの単語を手掛かりにしてどのへんを読むのかな、
など解答のステップを意識することが大事だと思います。

===================================
昨日のセミナー会場は市ヶ谷でした。
駅から会場に行く途中に、お堀の橋の上から素敵な景色が見えました。

Reflect

Photo: Natty

Buildings are reflected on the water.
(ビルが水面に反射している)

Part 1頻出の「水のある風景の描写文」です。
左を見ると、
A train is reflected on the water.
ですね。
こんな写真がテストに出てきたらしばらく見入ってしまいそうです。

« 【TOEICテスト 600点突破1日セミナーin神戸】 | トップページ | セミナー準備 »

1番線【Part 1】」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 【TOEICテスト 600点突破1日セミナーin神戸】 | トップページ | セミナー準備 »