フォト

Books

  • 久保 マサヒデ: 本物のビジネス英語力 (講談社+α新書)

    久保 マサヒデ: 本物のビジネス英語力 (講談社+α新書)
    海外で働きたい方、英語を使って仕事をしたい方に向けた、応援歌です。 いつかグローバルな舞台で仕事をしてみたいと思っている方、英語に自信がないからと夢を諦めていませんか?本書は、ロンドンで19年間ファイナンス業界で仕事をした筆者が、英語力よりも大事なコミュニケーション力、心の持ちようについて丁寧に解説しています。

  • 渋谷 奈津子: TOEIC(R)TEST 20日で攻める!  鉄板アイテム事典

    渋谷 奈津子: TOEIC(R)TEST 20日で攻める! 鉄板アイテム事典
    ジャパンタイムズの鉄板シリーズの新刊です。TOEICの世界に頻出する、ぜひ知っておくべきアイテムを、業種別にまとめた上で例文とともに紹介しています。テストの直前にざっと復習するのに最適な新書サイズです。

  • 渋谷 奈津子: TOEIC(R)TEST 鉄板シーン攻略 リスニング(Part 1~4)

    渋谷 奈津子: TOEIC(R)TEST 鉄板シーン攻略 リスニング(Part 1~4)
    TOEICテストに頻出する鉄板シーンを攻略するためのリスニング対策書。タウンゼント社の動きを追いながら、必須単語やフレーズに目と耳を慣らしていきましょう。 ジャパンタイムズのサイトより音声を無料ダウンロードできます。iPhoneアプリでダウンロードすることも可能です。 鉄板シリーズはほかに「文法・語彙」「読解」「ボキャブラリー」がそろっています。総合監修はヒロ前田氏。

  • 横川綾子・渋谷奈津子: TOEIC(R) テスト いきなり600点!

    横川綾子・渋谷奈津子: TOEIC(R) テスト いきなり600点!
    TOEICテスト600点以上を狙う学習者の方に、テストの概要、各パート攻略法、問題の解き方などを丁寧に解説しています。ベテラン英語講師横川綾子先生との共著。TOEIC界の”巨匠”ヒロ前田先生のプロデュースです。リーディングセクションの英文を読み上げた音声など、学習の助けになる特典素材がダウンロードできます。

  • ヒロ前田: CD3枚付 TOEICテスト究極の模試600問

    ヒロ前田: CD3枚付 TOEICテスト究極の模試600問
    本番形式の模擬試験を3セット収録。600問すべてに、公式問題集にはない「問題タイプ」がタグ付けされているので、自分の苦手な分野を把握できるようになっています。解説実況と豊富な特典音声はイチオシです。

  • 安達 洋、渋谷奈津子: スティーブ・ジョブズから学ぶ実践英語トレーニング

    安達 洋、渋谷奈津子: スティーブ・ジョブズから学ぶ実践英語トレーニング
    スティーブ・ジョブズが残した名言をモデルに、同じテンプレートを使って自分のメッセージを発信できるようトレーニングできる一冊です。短文編、長文編の2部構成。

無料ブログはココログ

« 論理の勉強 | トップページ | 2014年初のTOEIC公開テスト »

2014年1月 3日 (金)

2014年になりました

あけましておめでとうございます。

昨年はセミナーやイベントを通じて多くの人々に出会い、
刺激を受け、学ぶことができ幸せな年となりました。
私に影響を及ぼしてくださったおひとりおひとりに、感謝いたします。

「ヒカルの碁」という漫画の中で大好きな台詞があります。
倉田さんという棋士が主人公ヒカルのある対局について言う言葉です。

「"昨日のアイツ"じゃ今日の対局のあの猛追はなかった。
そしてその逆転の手"今日のアイツ"は気づけなかったけど
"明日のアイツ"はきっと気づく」
                   (「ヒカルの碁」第181局より)

真剣に何かに取り組むことで
人は日々進化できるということですね。

今年もゆっくりでいいので、少しずつ成長できるように前を向いていきます。
3歩進んで2歩下がっている間でも、自分は確実に変化していると信じて。

どうぞよろしくお願いいたします。

最後に、TOEICとは関係ないのですが
三陸鉄道南リアス線全線運行再開を祈って、
先日友人より教えてもらった素敵な動画のリンクを貼ります。


AKB48 恋するフォーチュンクッキー 南リアス線ver.

私も全線運行してしばらくしたら、乗りに行きます。

« 論理の勉強 | トップページ | 2014年初のTOEIC公開テスト »

おしらせ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 論理の勉強 | トップページ | 2014年初のTOEIC公開テスト »