フォト

Books

  • 久保 マサヒデ: 本物のビジネス英語力 (講談社+α新書)

    久保 マサヒデ: 本物のビジネス英語力 (講談社+α新書)
    海外で働きたい方、英語を使って仕事をしたい方に向けた、応援歌です。 いつかグローバルな舞台で仕事をしてみたいと思っている方、英語に自信がないからと夢を諦めていませんか?本書は、ロンドンで19年間ファイナンス業界で仕事をした筆者が、英語力よりも大事なコミュニケーション力、心の持ちようについて丁寧に解説しています。

  • 渋谷 奈津子: TOEIC(R)TEST 20日で攻める!  鉄板アイテム事典

    渋谷 奈津子: TOEIC(R)TEST 20日で攻める! 鉄板アイテム事典
    ジャパンタイムズの鉄板シリーズの新刊です。TOEICの世界に頻出する、ぜひ知っておくべきアイテムを、業種別にまとめた上で例文とともに紹介しています。テストの直前にざっと復習するのに最適な新書サイズです。

  • 渋谷 奈津子: TOEIC(R)TEST 鉄板シーン攻略 リスニング(Part 1~4)

    渋谷 奈津子: TOEIC(R)TEST 鉄板シーン攻略 リスニング(Part 1~4)
    TOEICテストに頻出する鉄板シーンを攻略するためのリスニング対策書。タウンゼント社の動きを追いながら、必須単語やフレーズに目と耳を慣らしていきましょう。 ジャパンタイムズのサイトより音声を無料ダウンロードできます。iPhoneアプリでダウンロードすることも可能です。 鉄板シリーズはほかに「文法・語彙」「読解」「ボキャブラリー」がそろっています。総合監修はヒロ前田氏。

  • 横川綾子・渋谷奈津子: TOEIC(R) テスト いきなり600点!

    横川綾子・渋谷奈津子: TOEIC(R) テスト いきなり600点!
    TOEICテスト600点以上を狙う学習者の方に、テストの概要、各パート攻略法、問題の解き方などを丁寧に解説しています。ベテラン英語講師横川綾子先生との共著。TOEIC界の”巨匠”ヒロ前田先生のプロデュースです。リーディングセクションの英文を読み上げた音声など、学習の助けになる特典素材がダウンロードできます。

  • ヒロ前田: CD3枚付 TOEICテスト究極の模試600問

    ヒロ前田: CD3枚付 TOEICテスト究極の模試600問
    本番形式の模擬試験を3セット収録。600問すべてに、公式問題集にはない「問題タイプ」がタグ付けされているので、自分の苦手な分野を把握できるようになっています。解説実況と豊富な特典音声はイチオシです。

  • 安達 洋、渋谷奈津子: スティーブ・ジョブズから学ぶ実践英語トレーニング

    安達 洋、渋谷奈津子: スティーブ・ジョブズから学ぶ実践英語トレーニング
    スティーブ・ジョブズが残した名言をモデルに、同じテンプレートを使って自分のメッセージを発信できるようトレーニングできる一冊です。短文編、長文編の2部構成。

無料ブログはココログ

1番線【Part 1】

2016年5月13日 (金)

Sunday market

Image1

Some merchandise is displayed under a canopy.

先日、高知に行く機会がありました。
あまりゆっくりできなかったのですが、
出発の少し前に日曜市をのぞいてきました。
トマトと柑橘類が多かったです。ちょうど小夏のシーズンだったのかな。
袋詰めの文旦もいっぱい見えますね。
文旦の控えめな酸味と口に広がる香りが好きなので
買えばよかったと、いま写真を見て後悔。

さて、英文にあるcanopyとは上の覆いのことです。
TOEICに出てくるcanopyはもう少し布がピンと張ったイメージですけどね。

canopyといえば、これ
Canopy
を真っ先に思い浮かべる人もいるのではないでしょうか。
(私は知りませんでした)

TOEICには登場しにくいタイプのaircraftですね。

もしくは、これ
Canopy2
天蓋つきベッド。
(これも知りませんでした)

こちらは、家具の話題で登場するかも。
「canopy bedを注文したのだが、布が同梱されていなかった」
とreport the problemする場面が想像されます。

最後の写真はベルニナ急行の終点ティラノで泊まったときのものです。
部屋の名前が「ケニア」というのですが、中に入って納得。

2016年2月26日 (金)

もたれるlean

Dsc02226

They are leaning on the fence.

ドバイメトロのFirst Gulf Bank駅にて。男性がフェンスに寄りかかっています。
leanは「寄りかかる」「立てかける」を表す動詞です。
TOEICのパート1でよく登場します。

写真のように、上に体重を乗せてよりかかっていればlean on the fence、
手すりの向こう側にかぶさるような体勢ならばlean over the railing、
壁に寄りかかっていれば、lean against the wall、
前にかがんでいれば、lean forward

などなど、さまざまな体勢を表すことができます。

人間だけでなく、ハシゴが立てかけてあるときにもleanを使います。

A ladder is leaning against the wall.
(ハシゴが壁に立てかけられている)

2016年2月22日 (月)

四ッ谷駅

Img_8378
Cars have stopped at an intersection.

四ツ谷駅前の交差点です。週末の朝、駅の周りを歩いたら、イグナチオ教会の鐘が聞こえてきました。

さて、昨日から新しい公式問題集を解いています。問題自体をじっくり味わいたいので、解答・解説冊子はまだ開いていません。解答に自信のないところは辞書などで調べて正解を見つけるようにしています。日本語訳や解説も自分なりにイメージして、後で「答え合わせ」をします。

時間かかるなぁ。

2016年2月16日 (火)

トンネル

Tunnel_2
Photo: Tetsuo

A train is going through a tunnel.

いまは真っ暗の中だけど
だいじょうぶ

トンネル ずっと
進め 進め
明るい光が見えてくるよ

2016年2月14日 (日)

グラスゴーのクイーンストリート駅

Dsc02257
Some people are pulling suitcases.

グラスゴーにはターミナル駅が2つあり、北西のマレイグ方面に行くには、この写真のクイーンストリート駅からScotRailに乗ります。

2016年2月13日 (土)

Scotrailの駅舎でPart 1問題

ひさしぶりにPart 1問題。

Dsc02267

(A) An easel has been placed outside the building.
(B) Potted plants are being unloaded from a truck.
(C) A framed picture is hanging above a bench.
(D) Some glasses are arranged on a table.

(A) のeaselは画架、イーゼル、レストランなどでメニューが書かれていて外に置かれているボードもこの仲間です。それが「建物の外に置かれている」と描写した(A)が正解です。(B) のpotted plantsは鉢植えのこと。鉢植えの花は見えますが、トラックから降ろされている最中ではありません。

この建物、駅舎なんです。ScotRailに乗っていたときに窓越しに撮りました。easelに書いてあるOld Station Restaurantを手がかりに調べたら、おそらくSpean Bridge駅であろうことがわかりました。

2016年2月 5日 (金)

ハウステンボスに伸びる橋

Haus
Photo: Tetsuo

A bridge extends towards some construction.
(橋が建造物に向かって伸びている)

パート1では、動詞が現在進行形で登場することがもっとも多いですが、この文のように現在形で写真の内容を描写することがあります。extend、lead、separateなどなど…。
なんかオシャレな響きに感じるのは私だけでしょうか。

写真は、長崎のハウステンボス。青い空と青い海に青い車体が溶け込んでいますね。

2016年2月 4日 (木)

マルタイの花

 Multi
Photo: Tetsuo

Some flowers are painted on the exterior of a multiple tie tamper.

Tetsuoが「マルタイ」と呼んでいたのでMultiのことかと思ったら、multiple tie tamperの略でした。tampは詰めるという意味で、線路の下に石を詰めて線路のゆがみを修正するんですね。

英語版のウィキペディアでは、

a machine used to pack (or tamp) the track ballast under railway tracks to make the tracks more durable
(線路の下にバラストを詰めて線路の耐久性を上げること)

と説明されていました。

2016年2月 3日 (水)

platformのはなし

Kyoto_station

京都駅中央口改札付近をoverlook(見下ろ)しています。
改札の端っこがわずかに右側に見えていますが、platformは見えません。

いえ、
platform、見えていますよね?

Kyoto_platform

ちょっとムリヤリな感じですねsweat01

いつか書いたと思いますが、「platform」は、周りから少し高いところにある平らの部分を指します。TOEICのパート1には、駅のプラットホームの他に、朝市で果物が並んでいる「陳列台」や、宴会場の「舞台」が、platformとして登場しています。みんな、周りから高い位置にあって平らですよね。

だから、京都駅のこれが
Kyoto_platform_2

いったいどう機能する構造物なのかわかりませんが、
きっとplatformと描写される、はず、ではないでしょうか(だんだん自信がなくなる)。

考えていても仕方がないので、頼れるニールに質問しました。
「これってplatformだよね?」

ニールは写真を見てしばらく悩んだようですが、

「…platformと言えなくもない」

おお、platformで間違いというわけではないのですね。

「でも脚があるから、強いて言うならpedestal platformかなぁ」と補足説明をしてくれました。
pedestalというのは、台座のことです。もしくは「mezzanine platform」なのだそう。mezzanineは中2階のこと。

pedestalもmezzanineも、初めて聞く単語でした。TOEICに出そうにないけれど、そういう単語ほどスッと頭に入ることがあります。

2016年2月 1日 (月)

やっぱり怖いパート1

昨日のTOEIC公開テストでは、大好きなパート1で油断してしまいました。

現在進行形受動態と現在完了形受動態の聞き分けができなかったのです。
いつもセミナーで「要注意ですよ!」と言っているのに。

Sentokun

たとえば、こういう写真で、

A local mascot has been placed near the fence.
(フェンスそばに置かれた状態)

と言っているのか、それとも

A local mascot is being placed near the fence.
(フェンスそばに置かれている最中)

と言っているのかわからなくなってしまいました。

もっとダメダメなのは、消去法で使えるはずの選択肢が、英語はわかったのですが描写文としての判断に迷ってしまって、結局正解を絞りきれなかったこと。今でもどれが正解だったのか自信がなく、モヤモヤしています。

難しい問題ではなかったのに。
油断大敵パート1です。

この写真は近鉄線京都駅になぜか立っていた「せんとくん」を、改札の外から撮ったもの。これを見たTetsuoに「ビスタEXだ!なんで入場券買って近くで撮らなかったの!」と責められました。

Okay. Maybe next time.