フォト

Books

  • 久保 マサヒデ: 本物のビジネス英語力 (講談社+α新書)

    久保 マサヒデ: 本物のビジネス英語力 (講談社+α新書)
    海外で働きたい方、英語を使って仕事をしたい方に向けた、応援歌です。 いつかグローバルな舞台で仕事をしてみたいと思っている方、英語に自信がないからと夢を諦めていませんか?本書は、ロンドンで19年間ファイナンス業界で仕事をした筆者が、英語力よりも大事なコミュニケーション力、心の持ちようについて丁寧に解説しています。

  • 渋谷 奈津子: TOEIC(R)TEST 20日で攻める!  鉄板アイテム事典

    渋谷 奈津子: TOEIC(R)TEST 20日で攻める! 鉄板アイテム事典
    ジャパンタイムズの鉄板シリーズの新刊です。TOEICの世界に頻出する、ぜひ知っておくべきアイテムを、業種別にまとめた上で例文とともに紹介しています。テストの直前にざっと復習するのに最適な新書サイズです。

  • 渋谷 奈津子: TOEIC(R)TEST 鉄板シーン攻略 リスニング(Part 1~4)

    渋谷 奈津子: TOEIC(R)TEST 鉄板シーン攻略 リスニング(Part 1~4)
    TOEICテストに頻出する鉄板シーンを攻略するためのリスニング対策書。タウンゼント社の動きを追いながら、必須単語やフレーズに目と耳を慣らしていきましょう。 ジャパンタイムズのサイトより音声を無料ダウンロードできます。iPhoneアプリでダウンロードすることも可能です。 鉄板シリーズはほかに「文法・語彙」「読解」「ボキャブラリー」がそろっています。総合監修はヒロ前田氏。

  • 横川綾子・渋谷奈津子: TOEIC(R) テスト いきなり600点!

    横川綾子・渋谷奈津子: TOEIC(R) テスト いきなり600点!
    TOEICテスト600点以上を狙う学習者の方に、テストの概要、各パート攻略法、問題の解き方などを丁寧に解説しています。ベテラン英語講師横川綾子先生との共著。TOEIC界の”巨匠”ヒロ前田先生のプロデュースです。リーディングセクションの英文を読み上げた音声など、学習の助けになる特典素材がダウンロードできます。

  • ヒロ前田: CD3枚付 TOEICテスト究極の模試600問

    ヒロ前田: CD3枚付 TOEICテスト究極の模試600問
    本番形式の模擬試験を3セット収録。600問すべてに、公式問題集にはない「問題タイプ」がタグ付けされているので、自分の苦手な分野を把握できるようになっています。解説実況と豊富な特典音声はイチオシです。

  • 安達 洋、渋谷奈津子: スティーブ・ジョブズから学ぶ実践英語トレーニング

    安達 洋、渋谷奈津子: スティーブ・ジョブズから学ぶ実践英語トレーニング
    スティーブ・ジョブズが残した名言をモデルに、同じテンプレートを使って自分のメッセージを発信できるようトレーニングできる一冊です。短文編、長文編の2部構成。

無料ブログはココログ

2017年3月11日 (土)

豊橋へ行ってきました

先日豊橋の大学で、TOEICのセミナーをさせていただきました。
春休み中にもかかわらず、多くの学生さんにお集まりいただきました。
ありがとうございました!

TOEICの学内IPテストが4月より新形式に切り替わるのを前に、
新しい問題への取り組み方、無理して取り組まなくてもよい問題(と書くと投げやりに聞こえますがそうでなく)、普段の学習方法などについてお話ししました。

この学校には英語学習のアドバイザーの先生が常駐して、
学習についての悩みなどの相談を受け付けてくださるそうです。

こういうサービスのある学校は多いと思いますが、
具体的に相談できることがなくても、何か突破口がほしい方は、
迷わず利用したほうがいいと思います。

話をしているうちに、何につまづいているのか見えてきたり、
課題を絞れたり、進みたい方向を再確認できたりしますよ。
何よりも、自分の状況に合わせた、自分だけに向けた方法を
気付かせてくれるのがいいですね。

私も学生のときに、そういう制度があったのかもよく覚えていませんが、
きちんと誰かに相談すればよかったと思います。

train  train  train  train

ところで、今回行った豊橋は、思い出深い場所です。
初めて就職した会社が、豊橋に開発の拠点を持っていた関係で、
大阪からたびたび出張で訪れました。

同期入社の仲間の多くが豊橋・豊川に住んでいたこともあり、
休みになると大阪や東京にいる同期がそこに集まって、
バーベキューや海水浴などワイワイ楽しんだ場所でもあります。
どこか思い出せないですが、花火大会もありましたね。

とても懐かしいです。
あの頃は体力が有り余っていた感じですね。しみじみ~


Img_1568






2017年2月20日 (月)

パート3集中ワークショップ(3/4東京)

先日こちらでもご案内したとおり、TOEICテストのパート3素材を使った集中ワークショップを、3月4日(土)午後に東京・池袋で開催します。

みなさんはTOEIC問題集でリスニング問題を解いたあと、どのように復習をしていますか。

答えあわせをして、解説を読むだけでは、聞き取りの力は上がりません。単語もなかなか覚えられません。

このワークショップでは、パート3の会話を1つだけ取り上げ、背景とストーリーのあるまとまった会話を、自らが発信しているかのようにスムーズに言えることを目指して練習しながら、英語のリズムを体に染み込ませていきます。

自分で発信しているように話せるようになれば、聞き取りの力がぐんと上がることが期待されます。初めて出合う英語表現も、自分の表現として口から出てくるようになれば、忘れにくくなるでしょう。

3時間のご受講後、ご自分の好きな素材(TOEICでも海外ドラマでも)で練習できるようになるのがこのワークショップのゴールです。

いつものように、10名さま限定の少人数制です。
2月20日現在、残席6名さまです。

開催についてのご案内とお申し込みはこちらよりどうぞ。一緒に練習しましょう。
http://www.office-part2.com/seminar/zemi3_201703.html

Zemi_part34_2

今回より使用するテキストです。

2017年2月14日 (火)

難化するパート2対策は…

(3月4日に開催するPart 3集中ワークショップのご案内が最後にあります)

「TOEIC新形式問題で、難化してきたパート2の対策をしたい…」

1月のイベントに参加された方から複数寄せられた声です。
パート2は、問いかけに対する適切な応答文を答える問題。

1問1答のやりとりが、直球でなくひねりのある応答を含む場合、正答を選びにくいと感じる人が多いようです。

「採用面接は何時からですか?」
――今日の午後2時です。

これは直球の返し。何時?と「時」を尋ねられて「時」を答えるから、正答の判断がつきやすい。

「採用面接は何時からですか?」
――実は、取り止めになりました。

これは少しひねりがある返し。「時」を尋ねられているけど、面接そのものが取り止めになったのだから、「時」の情報を与えることができない。

「採用面接は何時からですか?」
――バウアーさんがスケジュールを組み立てています。

これも少しひねりがありますね。応答者は質問への答えを知りません。「知りません」とだけ答えることも可能ですが、ここでは関連情報を相手に伝えることにより、質問者は次に同じ質問をバウアーさんに聞きにいくことができるでしょう。

「採用面接は何時からですか?」
――もうすでに新しいスタッフを選んだと聞いてます。

これは、どうでしょう。「採用面接」=「新しいスタッフを雇う」ということが、音声を(英語で)聞いただけで即座に結びつけば、それほど難しくは感じないかもしれません。すでにここで何度も「採用面接」と繰り返していますから、みなさんの頭の中に採用面接の状況が浮かんでいるかもしれませんね。

でも考えてみてください。実際のテストのパート2では、25の異なる場面が何の脈絡もなく次から次へと音声だけで流れてきます。採用面接のやりとりを聞いた後は、ホテルの受付で苦情。その次は、印刷会社に注文。むちゃくちゃです。テレビのチャンネルをザッピングして、異なるドラマの一場面を次々に見続けているようなものです。

必要なのは、問いかけを聞いて場面をすばやくセッティングし、応答の選択肢が流れてきたら、その場面で起こりうる展開であるものか、即座に判断すること。この力を伸ばすのに、どのようなパート2ワークショップができるだろうか。

いろいろ考えましたが、今はパート2を使った対策講座はしないことにしました。
いえ、諦めたのではありません。
もっと良い方法があると思いいたったのです。

パート2は、パート3の会話から一部分を切り取ったようなものですよね。コンテンツも使用語彙も共通しています。めまぐるしく変わる場面の中で、背景のストーリーが想像できれば、ひねりのある応答であっても、ストーリーの展開に適した発言だと気付くことができるはずです。

ならば鍛えるべきは、ストーリーのある、ひとまとまりの会話に数多くなじんで、複数パターンの展開についていける柔軟性。それを正しく意味取りするためのリスニングスキル。

…ということは、パート3の練習が、パート2の対策につながる
そう確信したのです。

これまで何度か開催してきたパート3の集中ワークショップを、予定を早めて3月に開催することにしました。

train   train   train

パート3の集中ワークショップを3月4日(土)午後に東京・池袋で開催します。
いつものように、10名さま限定です。昨晩ツイッターで告知をし、すでに2名の方にお申し込みいただきましたので、残席は2月14日11時現在で、8名さまです。
2月16日3時現在、残席6名さまです。

問題を解くことはしません。パート3の会話を1つだけ取り上げ、ナレーターと同じスピード、同じリズムで言えるように練習します。背景とストーリーのある会話を、自らが発信しているかのようにスムーズに言えることを目指して練習しながら、英語のリズムを体に染み込ませていきます。そうなると聞き取りの力もぐんと上がることが期待されます。3時間のご受講後、ご自分の好きな素材(TOEICでも海外ドラマでも)で練習できるようになるのがこのワークショップのゴールです。

開催についてのご案内とお申し込みはこちらよりどうぞ。一緒に練習しましょう。
http://www.office-part2.com/seminar/zemi3_201703.html

Eiden

2017年1月28日 (土)

1390点獲得しました!

1390点とは、TOEIC L&Rテストの満点990点と、S&Wテストの満点400点を合計した点数です。
狙い始めた5年前より、L&Rで何とか990点に行っても、S&Wは380点より上がなかなか取れませんでした。

昨年12月のテストで、やっと、やっと、到達しました!
結果発表の画像がこれ。

Img_1102

明日はTOEIC L&Rテスト。次は満点を逃す可能性があるので、同時満点の画像が見られるのもあとわずかかもしれません。

2017年1月 8日 (日)

満席になりました パート3集中ワークショップ

★このイベントは終了しました★

1月15日(日)午後に、TOEICパート3集中ワークショップを開催します。
場所は東京・池袋。
東京で開催するのは久しぶりです。お待たせいたしました。

公式問題集新形式対応(青い本)のTEST 2より、パート3の会話をひとつ取り出して、
問題を解くことなく、ガンガン復習だけに集中します。

え、問題を解かないの?と思われるかもしれませんが、
そうなのです。解きません。
問題を解いて、解答根拠と正解を確認して、その後にすべきことを、
3時間かけて体験します。

イヤホンでテキストのCDを聞いて、聞きながら自然に自分の口で真似をして言えるまで、
講師がサポートしながら一緒に練習します。お一人お一人にお話をしながらサポートしますので、参加者は10名さまに限定しています。

過去に渋谷、新宿、横浜、名古屋で開催してきましたが、
キャンセル待ちが出ることが多く、残念ながら最終的にご案内できない方もたくさんいらっしゃいます。

でも今回は、開催を決定したのが8日前の昨日という、今までにないくらいShort notice。まだお席に若干の余裕がございます。
(満席になりました。現在キャンセル待ちのみ受付中です。)
次のワークショップは、3月4日(土)午後、東京・池袋で開催予定です。

2017年1月 7日 (土)

600点突破塾が終了しました

新しい年が明けました。もう1週間ほど経ちましたね。
元旦から寝込んでしまい、ようやく体調が戻りまして、
久しぶりにジョギングをしてきました。

今年は、これまでのTOEIC対策セミナーや音読ワークショップに加え、TOEIC SW対策のワークショップも開催できたらと考えています。
新しい挑戦も予定しており、私にとってはワクワクの1年の始まりです。

年末は、TOEIC600点を目指す方を対象にした600点突破塾を、3日間使って東京で開催しました。
テキストは公式問題集新形式対応編、サブテキストとして拙著「いきなり600点」を使用しました。600点を取るために必要な問題の攻略法を、演習問題を解きながら練習しました。
何よりも意識したのは、普段どのようにテキストの問題を使った自習をするかということ。どのパートでも、自分でできる練習方法を実際に体験していただきました。

29日は、文法のパート5中心。

まずは、600点を取るために押さえていなければならないタイプの問題をじっくり練習しました。目のつけどころを意識したドリルなども取り入れました。時短テクニックの話は、英語というよりテスト対策に近いのですが、パート5での解答時間を縮めることが、全体のスコアアップに役立ちます。

30日は、リスニングのパート3中心。
パート2の攻略法を意識した解きかたを実践し、効果的な復習方法を練習した後、ボリュームの多いパート3をじっくり扱いました。
パート3とパート4は設問があらかじめ印刷されています。設問のタイプ別に、どのようにヒントを待ち受けるのか攻略法を実践しながら問題を解きました。参加者の皆さんにはテキストCDを録音して持参いただいたので、それを使いながらリスニング力をアップする復習方法を、時間をかけて体験しました。

31日は、長文読解パート7中心。
ホワイトボードに英文を投射し、長い文をどこで区切ってどのように意味を読み取るのか、マーカーで情報を整理しながら一緒に読み進めました。このパートでは、短めのお知らせや、長いレターなどさまざまな文書が出題されます。本文の特徴や設問のタイプによって、どのように解き進めていくのか手順(の一例)を紹介しました。

年末のあわただしいなか、時間を作ってご参加いただいた皆様の真剣なまなざしに、こちらも力が入りました。

最終日の終了後、新幹線に乗って実家に向かいました。駅に着いたときには、年が明ける少し前という時刻。大晦日は一晩中列車が動いているので、このまま朝まで在来線に乗ろうかと思ったのですが、大きなスーツケースを持ち歩いていたので、大変になりそうで諦めました。いつか、列車内で年越しをしようと思います。

2016年12月12日 (月)

ジェフ・リンズィ先生の発音セミナーに参加しました

12月3日に、Q-Leap主催の発音セミナーに参加しました。講師は、ロンドン大学の発音コーチであり、脚本家であり、犯罪捜査の発音分析家でもあるGeoff Lindsey先生。俳優に発音指導もしている、音声学のプロ中のプロの先生です。
参加者は10名限定。これは、参加者の発話からその人の発音の癖を観察し、丁寧にフィードバックするから。6時間みっちりと、伝わりやすい発音について講義を受け、実際声を出し、鏡で口の形を確認しながら、自分の出す音と先生の音を近づけていきました。

このセミナーでわかったこと。
 緊張すると、喉が硬くなって話しづらいのですね!

何を当たり前のことを…と思うでしょうが、普段一人で音読練習をするときはスラスラと言えるようなフレーズでも、評価される前提で、10名の受講者の前で一人で発話するとなると、失敗しちゃいけない心理が働いて、めちゃくちゃ下手な英語になっていたことがショックでした。イントネーションも、強弱も、発音も乱れていました。

これ、私が時々開催する音読ワークショップで見かける状況と似ています。集中して練習しているときは比較的スムーズに言えているのに、私が目の前で聞き始めたとたんに、口の動きが硬くなり、失敗してしまうのです。そんなときは、いったんスルーして、再び視界に入らぬよう背後から音読の様子を聞くようにしています(不気味ですみません)。これからも、私の見回りがプレッシャーとなってネガティブな影響を与えないように、気をつけなくてはいけない、と思いました。

「ネイティブらしく話す」という意識よりも、「ネイティブや、世界中のノンネイティブに言いたいことが伝わるように話す」ことが大切なのを再認識できたのは、貴重な体験でした。

さて、あっという間の濃い6時間のあとは、懇親会。そこで、先生がおっしゃっていた、東京の鉄道アナウンスの話が興味深かったです。

「次の~駅で○○線、○○線、○○線にお乗換えください」という案内の英語は、個々の単語の発音は完璧にネイティブだが、全体のイントネーションに違和感があるのだそう。

Marunouch Line、Toei Shinjuku Line、Oedo Line…と続くとき、みなさんはどこに音の際立ちを置きますか?

アクセントは、強調したい単語に置きますよね。何線に乗り換えるのか知りたいのだから、Marunouchi、Toei Shinjukuのように固有名詞の部分をはっきりと聞き取りやすく話したほうが、相手に情報が伝わります。ところが、ジェフ先生によると、ある鉄道会社のアナウンスはLineの単語が固有名詞よりも際立って発音されており、聞き取りにくいとのだそうです。

なるほど、言われてみれば…。
みなさんも、英語アナウンスが流れてきたら、伝えたい単語にアクセントが置かれているか、観察してみてくださいね。

2016年11月23日 (水)

パート4問題にチャレンジ! 新幹線アンケート

先月出張で北陸新幹線に乗った際に、実際に体験したことをパート4問題にしてみました。
音声はないので、スクリプトを読んで解いてくださいね。
Enjoy!
bullettrain
Questions 1 through 3 refer to the following announcement.
Dear passengers, thank you for using the Hokuriku Shinkansen service. Today, we would like to ask you to fill in a questionnaire about how you use Hokuriku Shinkansen. Your answers will provide us with important data for developing our regional transportation. Shortly, our staff will deliver a survey sheet and a pen to your seats. Your responses will be collected in half an hour. If you haven’t completed your form by then, you can hand it to one of our staff wearing an arm band before you get off the train. Please keep the specially-marked pen as a small token of our gratitude. Thank you for your time and your thoughts. If you have any questions regarding the questionnaire, please don't hesitate to ask.

1. What is the announcement mainly about?
(A) Unattended baggage
(B) Ongoing construction
(C) A transportation survey
(D) A timetable change

2. What will listeners receive?
(A) stationery
(B) tickets
(C) updates
(D) refreshments

3. What should listeners do if they have questions?
(A) Look at the display
(B) Read the brochure
(C) Check a Web-site
(D) Ask a staff member


これが実際のアンケートと記念品のペン。アンケートは何枚にもわたり、新幹線の利用回数や滞在先、利用区間、目的など聞かれました。


Survey

正解 1(C)  2 (A)  3(D)

bullettrainパッセージ訳
ご乗車の皆様、北陸新幹線のご利用ありがとうございます。本日は、お客様の北陸新幹線のご利用についてアンケートのご協力をお願いしたいと存じます。ご回答いただいた内容は、私どもの広域交通計画策定の大事な資料となります。まもなく、係の者がアンケート用紙とペンをお席までお持ちいたします。用紙は30分後に回収させていただきます。その際にご回答がお済みでないお客様は、ご降車の前に腕章を付けたスタッフにお渡しください。ネーム入りボールペンは、私どものささやかなお礼の品としてそのままお持ち帰りください。ご協力ありがとうございます。アンケートについて何かご質問がありましたら、お尋ねください。

英文校正・設問作成 Neil Colledge

手ごわかった公開テスト

11月20日に受験した第215回TOEIC公開テストは、新形式が導入された今年の5月以来、はじめて「手ごわい」と感じたテストでした。うまく言葉で説明できないのですが…よく対策書に載っている「解答テクニック」の類が使いにくいような「良問」がいつもより多く登場した印象です。
意図問題は、ターゲットフレーズ(意図を問われている本文のフレーズ)の意味がわからなくても、ストーリーの流れをつかんでおけば、解答可能だと思うのですが、知らない慣用句的な表現が使われて、気持ちを乱されました(笑)。選択肢も、誤答への誘導がお手本ものでした。パート4の図表問題は、場面を理解していないと解けない難問がありました。パート7では、見慣れない設問文があり、質問を理解するのにある程度の英語力が必要だと感じました。問題の複雑さも順不同で、後半にシンプルな問題が紛れていました。
とにかく、問題集慣れしていても英語の力がないと苦戦するような問題が多かった印象です。

テスト中、600点ターゲットの学習者のことをずっと考えていました。捨てる問題をきちんと見極めないと、本来取れるべきスコアを逃してしまうな、と。表面的な対策では、目標達成は難しいかもしれません(換算点が甘くなることも考えられますが、それはわかりません)。

解答テクニックも大事ですが、その前に、英文をきちんと理解できる力を上げることに集中すべきだという思いをさらに強くしました。

2016年11月 9日 (水)

名古屋でパート3集中ワークショップを開きます(11/26)

昨年より開催しているリスニングセクションの集中ワークショップを、次は名古屋で開催することにしました。

公式問題集を解いた後、どのように学習をしていいかわからない方、リスニング力を上げたい方、3時間のワークショップで復習のしかたをガイドします。定員10名だけの、濃~い時間ですよ。11月9日現在、残席5名様です。

11月26日(土)13:00~16:00
栄駅から徒歩5分のところにある会議室にて

詳細とお申し込みはこちらより→
http://www.office-part2.com/seminar/201611nagoya.html

ご参加お待ちしております!

bus bus bus bus bus

開催が予定されているその他のイベント
受付は未だです。

・めざせ600点!のワークショップ(東京)
2016年12月29日、30日、31日いずれも午後
(7つのパートを3日に分けて扱いますが、1日だけのご参加もできます)

イベント詳細・受付はツイッターでもっとも早く告知されます。

«パート5問題にチャレンジ! 新幹線の車内検札